| ABOUT ABC | CONTACT |
<< February 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

2012/02/05 寒波の合間に自宅ゲーム会

2012.02.08 05:14 Wednesday | ゲーム会

寒波が通り過ぎ、ここ数日比較的暖かい、と言うと語弊があるな。最高気温がプラスになる日が続いています。寒波の時は一日中マイナス気温なので積もった雪が全く溶けません。でも、少しでもプラスになってくれれば僅かながらでも溶けてくれます。家の駐車場には砂利がしいてあるのですが、その砂利の一部がちょろちょろと見えるようになってきました。そしてそこから草の新芽が!たった数日だって言うのに、なんとたくましい。除雪の次は除草ですか?って思うと、ちょっと泣けてきますが…。

そんな寒波が途切れた隙に、未プレイゲームを消化すべく自宅ゲーム会を開催。寒波中でも遊んでたような気がするけど…。

集まってくれたのは、ナスさん、hataさん、chagaさん、ksさん、そしてdjの5人。ナスさんがホールで出まくって到着が遅れているので、まずは4人でこのゲームから。

ペルガモン
「ペルガモン」です。ドーラとリンデの共作です。ドーラはぶくぶく、メディナ、エルパソ、ブタ仲間、ユカタンなどのゲームで知られる僕の好きなデザイナーです。一方リンデはフィンカなどを作ったデザイナー。そしてこの2人の共作ではランキングがあります。あ、やべー、ランキングって僕にとっては地雷ゲーだったんだ。大丈夫かな〜、と思いつつプレイ開始。

ペルガモンと言うのは現在のトルコに位置する古代都市の名前。ローマ帝国時代に重要な港として栄えたそうです。このゲームでは、その当時の品々を発掘し、ベルリンの博物館に展示することによってチケット収入を得ます。

ドイツには戦争の歴史があり、博物館に所蔵されたものが奪われたり返還されたりといったややこしさがあります。博物館の移転等もあったらしいので詳しいことはわからないのですが、現在は旧東ドイツの博物館島(博物館がいくつも集まっている中州でベルリン市街地の中心部にあります)の中にその名もずばりペルガモン博物館というのがあります。このゲームのボードを見る限り、おそらくこの博物館がテーマとなっているのでしょう。建物の形がそっくりだし。

ペルガモン博物館
実は去年、このペルガモン博物館に行ってきました。これはその時の写真。雨の中、傘も持たずに歩いていったのですが、入り口に行列が出来る大人気ぶり。結局スルーして帰ってきちゃったんですがw

ま、余談はともかくゲームの方ですが、半分くらい遊んだものの重要なルールミスが発覚。こりゃさすがに続けるわけにもいかんってことで協議終了になっちゃいました。いやほんと申し訳ない。

でも、ものすごく好感触でみんなの評価も高かったです。発掘時のシステムがいい感じのジレンマになってます。遅れていたナスさんが到着し5人となったので後日の再戦を約束し(ペルガモンは4人までなので)、別のゲームを遊ぶことにしました。

ゲームリスト
・時代劇3600秒
・エミーラ
・たぶらか
・俗語論
・バックギャモン
・トゥルネー
・バトルフォーヒル218
続きを読む>>
author : dj | comments (2) | trackbacks (0)