| ABOUT ABC | CONTACT |
<< October 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2010/02/20 dj宅ゲーム会

2010.10.22 23:41 Friday | ゲーム会

※このエントリーはサーバートラブルで消失したものを、手元の下書き原稿を元に復活させたものです。

ようやく時間が出来たので、一ヶ月ぶりの自宅ゲーム会を緊急開催。
参加メンバーは、ave、水性、nao、djの4人。

今回遊んだゲーム
・ヴァスコ・ダ・ガマ
・ドミニオン 海辺
・MOW
・エンデバー
・カリブ
続きを読む>>
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

カタン日本語版

2010.10.22 09:41 Friday | 雑文

既に今更って感じがしないでもないですが、カタンの日本語版が発売されます。それに関して、カタン好きとしては(どれくらい好きかって言うと、例えば、今火事になって所有ゲームが全部燃えちゃっても、カタンさえ残っていてくれれば、泣かずにすみますん。すん?)いろいろと思うところがあるので書き連ねてみることにしました。ま、みんな戯言です。

まずは日本語版ということ。これに関しては素直に喜べるんじゃないかと。ほとんど言語依存しないゲームではあるので、ゲームをプレイする上でローカライズされていることにさほどメリットがあるとは言えませんが、入手しやすさ、人への勧めやすさと言った点で大きなメリットがあると思います。あ、それと多分ほとんど語られたりはしないんでしょうけど、騎士カタンに関してはカードの種類が多くてかなり言語依存するんです。騎士カタンは敷居が高いと言うか、並カタンに比べるとルールが1.7倍くらい増えていて、かつ全く別のゲームと言っていいくらいに変わってますから、遊んだことがある人って少ないんじゃないかなー、と。1回だけ遊びましたって人はそこそこいるかも知れませんが、じゃ、10回以上遊んだよって人って何人いるんだろ。並カタンがよく出来たゲームなだけに、あえて騎士を遊ぶ必要がないってのが大きいかな。でも、海カタンに比べたらずっと面白いんで(僕、海カタンの評価、低いんですよ。無駄にゲーム時間が長くなってるだけで、その分内容が濃くなってるかって言うとそうでもないし。シナリオがいろいろあるから、たまに目先を変えて遊んでみるのにはちょうどいいんですが…)、日本語版が出るこの機会に、プレイ人口が増えてくれたらいいなーって思ってます。特に並カタンが3人だとちょっとぬるすぎるのに比べて、騎士カタンにおける3人戦は十分遊べます。

次にデザインについて。以前のカプコン版のように日本独自のオリジナルデザインが採用されず、コスモス版になったことは、まあ無難な選択だったと言えるかも知れません。(選択ってよりも契約の問題か?)折角だからオリジナルデザインが見たかった気もしますが(コスモス版が欲しければドイツからいくらでも買えちゃうから)、そのデザインがこける可能性もありますし。

コスモス版が採用されたってことで、気になっちゃうのはやっぱりプラ駒ってこと。未確認ですけど、プラ駒なんですよね?(※プラ駒でした)今現在、日本語スタンダード版をお祝い的な意味合いで買おうかどうしようか迷ってるのは、この点だったりします。木駒なら即決なんだけどw
プラ駒の方が好きって方もいらっしゃるとは思いますが、木駒の方が好きって人の方が多いと思うのは、僕だけなのかな〜。

で、一番話題になってるのが、スタンダード版に先駆けて発売される日本オリジナルの携帯キャリーケース版です。値段も抑えられてて、かなりがんばってるなっていう印象。これはもちろん予約済み。持ち運びやすさとプレイのしやすさを考えた絶妙なサイズっぽく見えます。実物見てないからわからないけどw
シルバーのケースが妙にポイント高くていい感じです。残念なのはやはり紙製の駒ですが、これはサイズを考えれば仕方がないところ。ただ、スタンダード版のプラ駒や木駒も使えるサイズにしたってことなので、そのへんのこだわりは、さすが日本カタン協会が関わってるだけあるなーって思いました。あのケースに、木駒を収納出来るスペースは…、ないんだろうなあ。(※日本のメーカーであるGPさんにコメントはしてるものの実現可能かどうかはわからない)

他にも、海、騎士、商人の各拡張と、それに伴う5-6人用拡張キット、さらには2人用カードカタンやダイスカタン等も各種販売されるようです。すごいすごい。ただ、どこまで需要があるのかとっても心配です。ニュルンベルク、ローマ、宇宙、その他諸々のカタンの亜種は無理だろうな。ま、いいです。あんまり背伸びしすぎて、儲からないからやめたって言われちゃうよりは。っつーか、カードカタンってだけでも、かなり背伸びしてる気がするし。

最後に、要望も書いておこうかな。言ってるみるだけ。
ドイツでは木駒などのパーツを1個から買えるらしいです。日本でもそうなって欲しいと思ってます。おもちゃ屋さんに常備ってほどじゃなくていいです。通販で1個から買えるようにして欲しい。(※押したいところだが、ある程度の出荷数があってからの話)そのシステムを使えば、木駒セット別売、なんてことも出来るわけで、そしたらほら、アンチプラ駒の人へもアピール出来るし。さらにそのついでに、タイルなんかも別デザイン出してみちゃったりして。旧コスモス復刻版、メイフェア版、日本独自版などなど…。それこそ需要がなさそうだから無理かw
あ、あとダイス。ダイスっつーか、お皿っつーか。僕はカタンやる時って百均の木皿をダイス用に使ってます。木皿をまわせば手番終了の合図にもなって便利。この辺も公式グッズとしてスタンダード版に入れてもらえるといいかな。(※大会で使用しているダイスカップをグッズとして販売するかも)そういえば、カプコン版はダイスが飛び散らないように、フィルムケースのような透明なプラスチックの筒に入ってましたよね。あれはものすごくいいアイディアだと思います。(プラスチックが割れてきちゃうのが難点だけど)そのあたりのアイディアもうまく転用してくれたらなー、って。
他にもね。こんなカタンが欲しいよ、いっそのこと自分で作っちゃえ的なアイディアがたくさんあって、その内このブログでやろうかって思ってたり。技術面その他、要するにめんどくちゃってことで、のびのびになってますが。そんなアイディアが公式採用されて発売されたらって、ほんと夢の夢だw



追記(10/22)
なんと日本カタン協会の方からツイッターでコメントをいただきました。その部分についは、(※)という形で追記しておきました。やはり僕なんかが思いつくことは既に考慮されてるようでして、それが実現出来るかどうかについては、コストの問題とか販売数の問題とか、要するにお金の問題がつきまとってしまうのは容易に想像出来るわけで…。ただ、コストをかけずに出来ることは取り入れていこうという姿勢がとても感じられますし、メーカーと協会がうまく連携をとることで、今後のカタン普及がうまく進んでくれればいいなあー、と熟々思います。
ここでは触れてませんでしたが、ルールについても以前から変更になった部分が訂正されていたりと、このへんにもきっと協会のアドバイスがきいているんだと思います。マニュアルって結構重要ですよね。ゲームが面白くてもマニュアルの出来が悪いと後々まで印象が悪かったり…。初心者にも読みやすく、誤解の生じないようなものが一番ですが、そういったものを目指してもらえれば、と思います。
何はともあれ、僕やaveさんのようにカタン最高!って思ってる人が秋田には数人いますので、ABCとしてはカタンを応援していこうと思ってます。
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

2010/01/19 dj宅ゲーム会

2010.10.22 09:31 Friday | ゲーム会

※このエントリーはサーバートラブルで消失したものを、手元の下書き原稿を元に復活させたものです。

除雪車が通ると道路は平らになってくれますが、
道路脇に雪の山が出来て道幅が狭くなっちゃいます。
おかげで、路駐する場所を雪かきするところからのスタートw

参加メンバーは、naoさん、ますみちゃん、dj。
後からイケシー君、イージマ君、それにchagaさん。

今回遊んだゲーム
・キュージェット
・ヴァスコ・ダ・ガマ
・イスファハン
・盗賊の親方
・フォレヴォレ
・メディチ
続きを読む>>
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)