| ABOUT ABC | CONTACT |
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

sylvion 全拡張入りプレイ動画

2016.02.25 20:41 Thursday | 動画

先日、今更ながらのオニリム3拡張入りプレイ動画を発表したばかりですが、今度は旬な「シルヴィオン」の動画を作りました。

オニリム同様、夢世界をモチーフとしたソロプレイ用カードゲームです。今度は、夢の中の森を攻めてくる炎から守るというストーリー。システム的には、タワーディエンス+デッキ構築、という感じです。

マニュアルには導入として、カードを制限した入門用ゲームも記載されています。そう、このゲーム、結構カードの種類が多いので、効果を覚えるのが大変です。特に拡張まで入れると、うー、これ何だっけ〜、となります。アートワークは相変わらず素晴らしいのですが、似たような色彩が多く、ぱっと見、見分けがつかないこともあります。

また、カードの種類だけでなく、処理の仕方もちょっと煩雑なような気がします。わかっちゃいるけれど、忘れてた、なんてことも。今回の動画では全ての拡張を含めてプレイしているので尚更です。


で、問題なのは難易度です。妙に簡単なんです。今まで十数回プレイしましたが、クリア出来なかったのは一度だけ。ちょっとした悪手の上に、最悪なカード運が重なってしまったという時です。もしかしたら、入門用ゲームの方が難易度高かったかも。
そんな感じで、あまりに簡単過ぎて根本的なルールを間違えているんじゃないかと未だに心配です。動画まで作っちゃって、ミスっていたら恥ずかしいなあ、と。いやまあ、ルールミスを指摘してもらえれば、それはそれで今後の楽しみが増えるわけですけれど…。

ちなみに、オニリムシリーズを難易度順に並べると、エクィリブリオン>オニリム>>>シルヴィオンという感じ。

さて、動画ですが、カードの配置はマニュアル通りにやっていません。プレイしにくい上に場所を取りまくるからです。あと、数カ所プレイミスがあります。と言っても、大したことはありません。泉が破壊された時に1枚ドローしなかった、とか、カードを廃棄する場所を間違えたとか…。廃棄したカードは二度と登場しないので、全く問題はありません。

難易度の件もあり、今回は曲を作るほどのモチベーションはありませんでしたので、前回のオニリムの曲を使い回してます。

そういえば、第4弾のキャステリオンってのもあるんですよね。まだ日本には入ってきてないのかな?早くプレイしてみたいです。なんだかんだ言っても、このシリーズ、気に入ってます。

author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

オニリム3拡張プレイ動画

2016.02.19 23:03 Friday | 動画

「シルヴィオン」発売記念ということで、今更ですが「オニリム」のプレイ動画をアップしました。

あらためて調べてみたら、最初のオニリムを購入したのってもう5年も前になるんですよね。その後、缶バージョンがあったり、見た目そっくりでもカードの質が微妙に違ってたりってのがあって、ちょうど去年の今頃、新たな拡張を含む集大成のオニリム日本版が出ました。

最初は1人でプレイして何が楽しいんだろ?って思ってましたが、プレイしてみるとこれが楽しい楽しい。
思い出したように引っ張り出してきては、たまにプレイしちゃうくらい好きなゲームです。

Shadi Torbey氏というゲームデザイナーの作品なのですが、彼はソロプレイのゲームばかり作っています。
第1弾がこの「オニリム」、第2弾が「エクィリブリオン(後にウルビオンと改題。タイトルが覚えられないっていう僕の叫びが通じたのか?)」、そして今回発売されたのが第3弾となる「シルヴィオン」です。

このシルヴィオンが届くまでのつなぎで、オニリムをプレイしていたら、ついつい動画まで作ってしまった、と。

さて、今回の動画は旧版にも収録されていた3つの拡張を全部入れてプレイしています。使ってるカードは新版ですけど。

入れた拡張は以下の通り。

・足跡の書
・暗黒の前兆と幸福な夢
・塔

動画は約21分。ノーカットですが、シャッフル時のみ早回ししてます。
ナレーションには音声合成を初めて使用。
ところどころイントネーションがおかしいけれど、結構いい線いってる。
すごい時代ですね。

そうそう、この動画のために曲も作りましたよw
タイトルはonirimってことで。
版権大丈夫かな?

あ、そだ。いろいろ調べていたらゲームデザイナーのShadi Torbey氏はオペラ歌手が本業のようですね。
いつかお会いしてみたい。

author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

ボドゲどうが 番外編『フライデー』ちょっとだけ高画質版

2012.05.23 20:31 Wednesday | 動画

※youtubeにアップしなおしたので、ほんの少しだけですが高画質になりました。

フリーゼの1人用デッキビルドカードゲーム『フライデー』のプレイ動画です。長くなったので前後半にわけてます。前半はインスト、後半では実際にプレイしています。このゲームは難易度をレベル1-4から選べますが、今回はさらに難易度の高いレベル5を勝手に新設してプレイしています。果たしてクリア出来るのか?

ソロプレイゲームではありますが、1人でぼそぼそ言いながらの撮影は寂しかったので、hataさんとABBさんに来ていただきました。相変わらず、打ち合わせも段取りも何もないグダグダぶりです。前半、貧弱カードのことを災いカードとか言ってるし…。そのへんは大目に見てやってください。

それから、デジ一の動画機能のオートフォーカスがかなり使えなくて、ピントがなかなかあいません。シャコシャコという音が頻繁に聞こえますが、これはカメラのピント作動音です。音ばっかうるさくて、全然使えないんだもんな〜。次は他の方法を考えないといけませんね。
続きを読む>>
author : dj | comments (8) | trackbacks (0)

ボドゲどうが 第5回『グラフィティ』今回から高画質

2012.05.19 23:13 Saturday | 動画

今では日本語版も発売されているお絵かきゲーム『グラフィティ』のプレイ動画、これも、約2年ほど前に収録されたものです。メンバーはhataさん、水性さん、aveさん、ksさん、そしてdjの5人です

グラフィティ
お題に沿ってみんなで絵を描き、何のお題かを親が当てる、というゲーム。さらに親は誰が描いた絵なのかを当てます。当たれば1点、外れれば描いた人に1点入ります。も1つ、親が一番気にいった絵には画伯賞で2点。今回は全員1回ずつ親を担当したので全5ラウンドとなります。

自分で言うのも何ですが、今までで一番面白い動画になってるんじゃないかな。
続きを読む>>
author : dj | comments (2) | trackbacks (0)

ボドゲどうが 第4回『ズライカ』

2012.05.04 08:52 Friday | 動画

zochの『ズライカ』のプレイ動画です。これも、約2年ほど前に収録されたものです。メンバーも同じく、nao、ave、hata、djの4人です

ズライカ
2008年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた本作、「マラケシュ」というタイトルで発売されていたもののリメイクです。

絨毯を本物の布であらわしていて、これがボード上に重なっていきます。一種の陣取りゲーム。でもルールはとても簡単で、インストもあっという間に終わります。基本はダイス運次第ですが、ちゃんと考えどころもあるというお手軽ながらとてもよく出来たゲームです。
続きを読む>>
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)