| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 5月ゲーム会 | TOP | ドイツ年間ゲーム大賞2009ノミネート発表 >>

アイロン

2009.05.18 07:04 Monday | 雑文

このところ、クラマーのゲームをよく買っています。クラマーと言うと割と重量級の陣取りゲームというイメージが強くて、興味はあったもののタイミングを逸していたと言うか、何故か一つも所持していませんでした。初めて買ったクラマーのゲームが、「エルグランデ」。その後はこの間ウィーンに行った時に買った「ニムト」。そしてさらに、「フィレンツェの匠」、「ラージャ」、「バイソン」…。最近仲間内でちょっとしたブームになっている「薔薇の名前」はフェルドの作品ですが、そのコンセプト元と言うべき「アンダーカバー」もクラマーでしたね。すごい人だ。

で、今日の話題はその中から「バイソン」。

バイソン
ただ、ゲームの内容はおいといて(え?)、中身の話です。
このゲーム、なんとも不思議な形のタイルをゲーム展開にあわせてどんどん並べていくのですが、そのタイルがちょっと反り気味。
(画像クリックすれば大きくなります)

反ってる〜
買った時から全部反ってまして、試しに並べてみると凸凹になっちゃう。テーブルとの設置面積が少ないせいで、ちょっと触れただけですぐに動いちゃいます。そこで…。

アイロン登場
アイロンがけしてみましたw
独り身だった頃ですらまともにアイロンなんてかけたことなかったのに、やっぱり趣味となると行動力が違いますね。ただ、ろくに使ったことがないアイロン、いろんなスイッチがついててどうやって使ったらいいのかわからない…。妻に頼んで設定してもらいました。
地道に1-3枚ずつ丁寧にアイロンがけしていったんですが、まあ多少はよくなったかな〜、という感じ。全部で21枚もあるので、結構時間かかりました。「フィレンツェの匠」のメインボードも反ってたので、ついでにアイロンがけ。この二つのゲーム、両方ともファランクスっていうメーカーから出ているのですが、そのせいなのかな…。バイソンはタイルが既に切り離された状態で入っていて、そのおかげで比較的小さな箱に収まっているのですが、他のゲームみたいに自分で切り離して使う方が、反り問題は起きにくいのかも…。

ヒーター大活躍
で、最後に板に挟んで重し代わりにヒーターを載せました。本当は、アナログ放送しか映らない(そもそもアンテナつなげてない)旧世代テレビを載せようかと思ったのですが、重すぎて面倒なのでやめましたw
しばらくの間、このまま放置してみようと思ってます。反りが直ってるといいな〜。
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :