| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 09/11/21 突発AVE家ゲーム会 | TOP | 09/11/27 Cities Online >>

09/11/22 dj宅ゲーム会

2009.11.27 16:16 Friday | ゲーム会

aveさんの希望により突発ゲーム会開催。
おや?前日もやってませんでした?w

日曜日だとかえって集まりが悪いABC。
当初は2人だけの開催かと思われましたが、
なんだかんだと人が集まってくれて…。

メンバーは…
言い出しっぺのaveさんに、山形から駆けつけてくれたkaiwaさん、
そして久々のtoraさんと、仕事あがりの水性さんと、
これまた久々のmasakiさん、そしてdjの6人です。

今回遊んだゲーム
並カタン(釣り+イベントカード)
王への請願
オペラ
将軍
ドミニオン(陰謀含)
パンデミック
ヴァルドラ
コード破り
ケルト
イスファハン
☆第1戦「並カタン(釣り+イベントカード)」

まずはave、tora、djの3人でカタンでもやろうという話になりました。
3人カタンでは騎士カタンをやることが多いのですが、
騎士にすると時間が長くなりすぎるのではないかと言うことで、
並カタンにしました。
そのかわり、漁師のオプションを選択。(通称釣りカタン)
それに加え、ダイスの代わりにイベントカードを使用してみました。

カタン
釣りオプションは「商人とバーバリアン」に含まれるオプションですが、
僕が所有しているのは別売りの物なので、
砂漠に配置するタイルがありません。
漁場に家や街を持っていれば、その目が出た時に魚タイルをめくれます。
魚タイルを集めれば、資源がもらえたり道が造れたりします。

イベントカードはダイスの代わりに使用します。
通常のダイス目と同じ確率でカードが入っていますが、
中にはイベントが書かれているカードもあります。
ま、ちょっと変わったカタンを遊ぼうって時にはいいかも知れませんね。

イベントカードとお魚
点数計算の出来ていないaveさんが騎士賞と道賞をゲットして勝利。
自分の点数くらいちゃんと把握しておきましょうw
騎士賞奪って逆転勝ちを狙っていた僕は、2位かな?って思っていたら
toraさんが得点カードを4枚を持っていてビリでした。
なんかいろいろ納得がいかない結果w

1位 10点 ave(騎士+道)
2位 9点 tora(得点カード4枚)
3位 8点 dj(何もなし)


☆第2戦「王への請願

王への請願
もうすぐkaiwaさんが到着しそうってことで、軽めのダイスゲームを選択。
ほぼダイス運だけのゲームではありますが、結構盛り上がります。
ペテン師くらったaveさんが逆転勝利。

勝ち ave
負け dj、tora


☆第3戦「オペラ

kaiwaさんが到着、その代わりtoraさんが帰宅。
先日届いたばかりの「オペラ」をプレイすることになりました。
この間のエッセンで発表された新作のゲームです。
題材にとても興味があったので購入してみました。

オペラ
プレイヤーは各地のオペラホールを経営します。
人気作曲家の楽譜を買いあさり、いろんな実力者の手を借りて
オペラ興行を行い勝利点を稼ぎます。

登場する作曲家は6人。
モンテベルディ、ヘンデル、モーツァルト、
ベートーヴェン、ワーグナー、ベルディ。
オペラ作曲家としてベートーヴェンが出てくるのには違和感があります。
お前、フィデリオ1曲しか作ってないだろってw
ま、知名度から外せなかったのかな〜。

これらの作曲家、ゲーム中に公演された回数などにより、
人気ランキングが変動する仕様となっています。
このへんはなかなか面白い。

ゲームはバロック、古典、ロマンと3つの時代にわかれていますが、
バロックでいきなりワーグナーとか登場しちゃうのは如何なものか…。
まあ、ゲームだから仕方がないか。
別にそんな時代区分は必要ないんじゃないかってちょっと思いますが。

ボードの雰囲気はなかなかいい感じ。
ヨーロッパ各地にはオペラホールがあります。

オペラホール
最初に配られるのはイタリアのベネツィア。
他にウィーンやベルリン、後にパリ、ロンドン、ミラノが登場します。

ウィーン国立歌劇場
これがウィーンにある国立オペラ劇場。
本物と比べてみましょうか。

ウィーン国立歌劇場の実物
この間ウィーンに行ってきた時に撮影した写真です。
うん、なかなか似てるw
ちなみにこの時は小澤の指揮でチャイコのオネーギンを見てきました。

運要素が少なくて時間もかかる重めのゲーム。
プエルトリコよりは軽いと思いますが…。
ワーカープレイスメント的なアクションがありますが、
そこに便乗できちゃうシステムはちょっと面白い。
手番をバジェット額で決めていくシステムも少し変わってます。
このあたりが、重めのゲームを軽い感じにしようっていう意図なのかな?

僕はと言うと、バジェットをケチったがために有利な手番を行えず、
なかなかお金が貯まらない…。
だから次ターンでもやっぱりバジェットをけちらなくちゃいけなくなる
という、負のスパイラルw

人気のマエストロ
中盤、マエストロの威厳により収入を得ますが、時既に遅し。
(この人がいるオペラホールは収入が倍!)

aveさんがダントツにリードしていたのですが、
最後にEsperto(専門家と訳されていましたが、ちょっと違和感)の
強力アクションによりkaiwaさんが僅差で逆転。

1位 90点 kaiwa
2位 89点 ave
3位 74点 dj

ちょ、おま
終了時の作曲家人気ランキングは、ベートーヴェンが1位でした。
だからお前、フィデリオしか書い(ry


☆第4戦「将軍

飯の買い出しついでに、水性さんを拉致って来たので4人になりました。
先日遊んで面白かった「将軍」を選択。

将軍
相変わらず場所もとるし時間もかかりますが、面白いです、このゲーム。

前回はお薦めの領土配分にしましたが、今回は正式ルールにて決定。
正式ルールの方がずっと面白かったですね。
マップがリバーシブルになってて、月マップを選択。
僕は、関東から北の方の領土をまとめて取得。
なんか初期配置だけで有利っぽいw

ぬくる紫の秀吉
ゲーム中はぬくりまくり。
飛び地になってた水性さんの領土を軽く奪ってからは盤石の態勢。

熱い中国地方
一方、残り3人は関西や中国、四国方面で激しく争ってます。

終盤、水性さんとaveさんにちょこっといじめられましたが、
そのまま逃げ切り。

1位 59点 dj
2位 44点 ave
3位 43点 水性
4位 30点 kaiwa


☆第5戦「ドミニオン(陰謀含)」

久しぶりにドミニオンをプレイ。
カードは基本ランダムにセレクト、ただし、陰謀から3枚入れてみました。

地下貯蔵庫、宰相、執事、橋、鍛冶屋
泥棒、公使、寵臣、市場、魔女

コンボが続かない場で、魔女がいるために呪い地獄に。
いつまで経っても属州が買えない厳しい展開。
じりじりするゲームはaveさんが勝利。

1位 14点 ave
2位 11点 水性
3位 10点 dj
4位 10点 kaiwa 手番


☆第6戦「ドミニオン」2戦目

今度はコンボが繋がるようにしようと、
基本はランダムセレクトにしつつも村などを入れてみました。
陰謀は使っていません。

堀、村、木こり、金貸し、祝宴
泥棒、民兵、公使、議事堂、祝祭

民兵が強力でした。
肝心なところで手札を減らされ、堀がある時には攻撃されないっつーw

結構健闘したんですけど。
あと一回手番がまわってくれば多分逆転できたかな〜。
aveさん2連勝です。

1位 33点 ave
2位 30点 dj
3位 27点 水性
4位 17点 kaiwa


☆第7戦「パンデミック上級?2人」

仕事帰りのmasakiさんが到着。
パンデミック拡張版のバイオテロリストを遊ぼうと思いましたが、
5人はお薦めしないと書かれていたので却下。
と言うか、まだルールがわからなかったので、
パンデミックが初めてとなるkaiwaさんとmasakiさんに
2人で上級をプレイしてもらい、さくっと人類滅亡させよう、と。
その間に僕はバイオテロリストのルール確認。

aveさんと水性さんは、外野からいろいろアドバイス。(と言うより野次)
早く全滅しないかな〜、
という空気の中、kaiwa、masaki両名が大健闘。
なんとそのままクリアしちゃいました。

え?
初パンデミックで上級クリア?

後に、aveさんがエピデミックカードを1枚入れ忘れていたことが発覚。
上級と思っていたら、実は中級でしたw
いや、それにしてもすごいかも。

kaiwa、masaki組 勝利
(実は中級だった)


☆第8戦「パンデミック超上級2人」

滅亡してこそのパンデミックでしょ!
と言うコンセプト(?)の元、今度こそ確実に滅亡してもらうために
超上級で連戦してもらうことに。

さすが超上級、今度はサクサク進みます。
アウトブレイクは連鎖しないものの、確実に数を増やし
あっと言う間に終了w

kaiwa、masaki組 人類滅亡

ようやくパンデミックらしさを味わってもらうことが出来ました。

この後、拡張のバイオテロリストを遊んでみようとも思ったのですが、
マニュアルの日本語が意味不明なためにプレイ出来ず…。

紫駒のルールが意味不明
後に、HJのサイトでエラッタが発表されていたことがわかりました。
今度は遊べるかな?

ここでmasakiさん、水性さんが帰宅。
お疲れさまでした。


☆第9戦「ヴァルドラ

先日ようやく遊べたヴァルドラ。
aveさんとkaiwaさんがまだ遊んでことがないってことで選んでみました。
まだルール覚えてる内にw

前回同様金作戦に出るも、あまりうまくいかず…。
僅差でしたがaveさんに負けてしまいました。

ゲーム設定に突っ込みどころが満載のゲームですが、
終盤のスピード感はなかなかいい感じだと思います。
中盤くらいまでは淡々と進むんですが、
最後の方はたたみかけるようにゲームが収束するんです。
終盤では稼げる点数が大きいので、
どこで終わるか、というのはとても重要。
その辺を見極めるのがこのゲームのキモかな、と感じました。

1位 93点 ave
2位 89点 dj
3位 50点 kaiwa


☆第10戦「コード破り

コード破り
kaiwaさんがクニツィアをプレイしたことがない、と言うので
お手軽に遊べる「コード破り」を選択。

単純ダイスゲームなので、このノリはaveさんもお気に入り。

出目にはこんな風に赤いチップを置いていきます。

×印が浮き上がる
するとコードを破った印である「×」が浮き上がります。
なかなか凝ってる!

1位 31点 ave
2位 20点 kaiwa
3位 15点 dj

0歳の息子にダイスの特訓をしているだけあって、
aveさんの勝利です。


☆第11戦「ケルト

ついでと言っちゃなんですが、もう一つクニツィア。
去年のドイツ年間ゲーム大賞受賞作。
そういえば、久々の登場かな。
拡張、カード、タイルと揃っていますが、ノーマルで。

ケルト
接戦でしたが、石を集めまくったkaiwaさんの勝利。

1位 28点 kaiwa
2位 26点 dj
3位 19点 ave


さて、ラストゲーム。
恒例になりつつあるラストゲームちんちろりんで決定することに。
候補になったゲームは以下の通り。

ラストゲームちんちろりん


☆第12戦「イスファハン

で決まったのがイスファハン。

イスファハン
前回写真を撮り忘れたのでちょうどよかったw

妙な立体感
ボードの絵が立体的に描かれているため、
そこに木駒を置くとすっごくおかしな絵に見える…。

得点方法が多々ありいろんな作戦がとれるのが面白い。
しかもゲームのテンポがよく、さくさく進む。
大量にダイスを振るのもいい感じ。
最近お気に入りのゲームです。

pc版で練習を積んできたaveさんの勝利。
kaiwaさん、初ゲームで97点はなかなかのものだと思いますよ。

1位 109点 ave
2位 97点 kaiwa
3位 92点 dj


と言うことで、今回のゲーム会は終了。
今月は何回遊んだんだろ。

次回は12月ですね。
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :