| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 09/11/06 dj宅ゲーム会 | TOP | 09/11/13 Cities Online >>

09/11/11 dj宅ゲーム会

2009.11.13 02:17 Friday | ゲーム会

つい5日ほど前に開催されたばかりと言うこともあって
開催が危ぶまれたゲーム会ですが、
平日水曜日の昼間からと言うのに5人も結集w
無事開催出来ました。
ありがたいことです。
今回のメンツは、再び盛岡から勝ちにきたますみちゃん、
前回に続いて二度目の参加となるTakakazuさん、
いつもの水性さんとnaoさん、
今度こそ迎え撃つぞ、のdjで、計5名。

今回遊んだゲーム
ヴァルドラ
薔薇の名前
魔法にかかったみたい
ウントチュース
チャオチャオ
将軍
☆第1戦「ヴァルドラ

5ヶ月ほど前に購入して、その後何度もプレイ候補に入りつつも
未だにその機会がなかったゲームがついに!
デザイナーはシャハト。
ポストクニツィア、シャハトジレンマと呼ばれる独特なプレイ感で
有名ですが、それがこのゲームにはない、とイマイチな評判のヴァルドラ。

ヴァルドラ
ゲームの世界観はとても不思議。
マップの道路上になぜか宝石がばらばらと落ちていて、
パトロンにそれを届けることで得点するお使いゲーム。
道に落ちてるなら、自分で拾えに行けばいいじゃないか、
なんてことを考えてはいけません!
きっと道中には盗賊や獣、こわーい魔物が潜んでいるに違いないのです。
(ゲームには一切登場しないので、安全に闊歩できます)

そんな「あれれ?」要素がプレイ機会を逸してしまう原因にもなっていた
のは否めませんが、現実とゲーム世界の微妙なズレは、
遊んでいるとだんだんよくなってきてしまうのも事実。
うん、まあ、こんな世界があってもいいかな、なんてw

それにこのゲームにはとってもお気に入りのギミックが一つあるんです。
それがコレ。

カタログショッピング
木の板にカードを二山並べることによって「本」を再現しています。
まるで本をめくるかのようにカードをめくります。
そして、お気に入りのカードが出てきたらそのまま手元へ…。
このカタログショッピングシステムが秀逸すぎます。
もうこのためだけにゲームを買ったと言っても過言ではないw
(事実、購入動機の9割がコレ。残り1割はシャハトだから)

マニュアルを読んでルール確認したのが遙か昔だったため、
もう一度読みつつインスト。
でもルールの量はさほど多くないので、
それほど難しいゲームではありません。

前述の通り、基本は宝石を拾って届ければ得点。
でも持てる宝石は限られています。
最初に持てるのは金(ゴールド)のみ。
サファイヤやらルビーやらといった他の宝石を持つためには
何故か専用の装備が必要となります。
(鞄一つあればどんな宝石でも入れられるよ?って突っ込みはなし)
装備購入に必須なコインは、洞窟にいけば何故かザクザク入手可能。
(そんなコインに価値があるの?って突っ込みはなし)
でも持てるコインは何故か6枚までと決まっています。
(どんだけ重たいコインなんだよって突っ込みはなし)

コインを入手したら例の本があるところまで行ってカタログショッピング。
1ページだけめくるのは無料で出来ますが、2回目からは何故か有料。
(売る気あるのか?って突っ込みはなし)

一方、パトロンとの契約書を入手するためには金(ゴールド)が必要。
これもカタログショッピングで入手。

契約書や装備が揃ったら、必要な宝石を拾ってパトロンへ届けるだけ。
同じパトロンとの契約書ををいくつもクリアすれば、
ボーナスがもらえたり…。

そして、パトロンに届けられた宝石は、何故か宝石捨て場に…。
(何のために届けたのかって突っ込みは無し)

宝石捨て場
とこんな感じで随所に違和感があるのですが、
遊んでいる内に馴染んでくるので大丈夫!

さて、ゲーム。
僕はまず装備を充実させる作戦をとってみました。
そうしてる内にみんながどのパトロンを狙うか見えてくるので
バッティングしないように、と。

でもなんとなく狙っていたパトロンを他に人にとられちゃったりして
あんまりうまくいきません。
あいていたのは金(ゴールド)のパトロン。
あまり効率のいいパトロンには見えなかったのですが仕方がない。
せっせと金パトロンの契約をこなしていきました。

1位 122点 dj
3位 106点 Takakazu
2位 105点 水性
4位 88点 ますみちゃん
5位 84点 nao

結果的にはこの作戦、正解だったかも。
ま、初回だったってこともありますけどね〜。


☆第2戦「薔薇の名前

次のゲームは最近好みの正体隠蔽系。
今回はゲームの途中経過をメモっておきました。

序盤、白の修道士の確証ポイントが鰻登り。
初日が終わった時の確証ポイントはこんな感じ。

確証ポイント1日目終了時
 14 白
 10 赤橙青
 9 黒
 8 灰

みんな暴露タイムで白を出すんじゃないかって意見が多かったのですが
蓋をあけてみたら…

暴露タイム1回目
 灰 水性
 灰 Takakazu
 黒 nao
 黒 ますみちゃん
 青 dj

あれれ?白はNPCですか?
確証ポイントの低い黒や灰じゃ自分じゃないよ、と
主張したいわけですね。
早くも牽制ムード。

その後、白いじめが落ち着き、今度は青がまつられます。
青じゃないと宣言してる僕も率先して青いじめw
白はますみちゃん、赤は僕、橙はTakakazuさん、
なんて噂が飛び交います。

確証ポイント3日目終了時
 27 青
 23 赤
 22 灰
 19 白黒
 17 橙

暴露タイム2回目
 橙灰 水性
 赤灰 Takakazu
 青黒 nao
 灰黒 ますみちゃん
 黒青 dj

疑われている色はあえて出さないのがこのゲーム。
あえて出さないのか、出せないのかはわかりませんがw
もし違うなら、隠れ蓑として使えます。

灰と黒が3人出ました。
灰の可能性は、nao、dj。(とNPC)
黒の可能性は、水性、Takakazu。(とNPC)
もっとも僕は灰ではないので、naoさんの灰はかなり怪しい。

この後、黒いじめが始まります。
もっとも確証ポイントは接近してきました。

確証ポイント5日目終了時
 34 黒
 33 青
 31 赤
 29 白
 28 橙灰

そして、最後の暴露タイム…。

暴露タイム3回目
 赤橙灰 水性
 黒赤灰 Takakazu
 橙青黒 nao
 橙灰黒 ますみちゃん
 赤黒青 dj

この時点での可能性。
 黒 水性
 青 水性、Takakazu、ますみちゃん
 赤 nao、ますみちゃん
 白 全員
 橙 Takakazu、dj
 灰 nao、dj

白が一枚も出ていないのが気になります。
このへんで僕の色を種明かししましょう。
橙でした。
と言うことで、灰はnaoさん、黒は水性がほぼ確定。
naoさんが確定したことで、赤のますみちゃんも確定。
Takakazuさんは白か青と言うことになりますが、
青がNPCっぽいので白の可能性大。

とにかく、ぬくっている白がやばい状態です。
正体あてで得点しても、暴露タイムでの減点がない分、白が圧倒的有利。
そこで、最終日は積極的に白をいじめる作戦をとりました。

確証ポイント6日目終了時
 38 青
 37 黒
 36 白赤
 34 橙灰

白と橙(自分)との差はたったの2。
暴露タイムでの減点を加味すれば-4のビハインド。
最終日、正体当ての結果次第、ですね。

もっとも、正体当ての段階でさっきの推理をさらに吟味します。
明かに黒っぽい水性さんは本当に黒なのか?
灰がnaoさんではなくNPCの可能性はないか?
このへんの推理が間違っていると、大きく答えが変わってきます。

散々悩みましたが、結局さっきの推理のまま行くことにしました。

そして答え合わせ。
正体と予想は以下の通り。
上昇してしまう確証ポイントは1人に当てられる度に3点です。

水性(黒) 12 黒(全員)
Takakazu(白) 3 白(dj)、橙(水性、nao、ますみちゃん)
nao(灰) 6 灰(ますみちゃん、dj)、赤(水性、Takakazu)
ますみちゃん(赤) 6 赤(nao、dj)、白(水性)、橙(Takakazu)
dj(橙) 0 灰(水性、Takakazu)、白(nao、ますみちゃん)

僕は全員の正体を当て、誰からも当てられないという完璧な結果でした。
これにお題タイルの得点などを含めた最終結果は…

1位 40 橙 dj
2位 43 白 Takakazu
3位 48 灰 nao
4位 52 赤 ますみちゃん
5位 59 黒 水性

ぎりぎりでしたが、なんとか白のTakakazuさんを逆転。
黒の水性さんは、最初っから辛い展開でしたね。


☆第3戦「魔法にかかったみたい

読みあいが熱いバッティング系カードゲーム。

せめて誰が何点とってるかカウンティングしてみようかな〜
なんて思いましたが、無理でしたw
いつもの通り、カウンティング無しで挑みます。
なんとな〜く、試験管での得点がお得に見えたので
真似てみることに…。

1位 15点 dj
2位 14点 Takakazu
3位 13点 ますみちゃん
4位 11点 nao
5位 11点 水性

勝っちゃいました。
接戦でしたが。


☆第4戦「魔法にかかったみたい」2戦目

適度に軽く、適度に濃密なゲーム感が好評だったのでもう一戦。

1位 22点 ますみちゃん
2位 19点 nao
3位 18点 dj
4位 17点 Takakazu
5位 14点 水性

終わりそうで終わらないっていう展開。
最後のターンで得点しまくったますみちゃんの勝ち。
マークしていた水性さんは、なんとビリw
あれれ?


☆第5戦「ウントチュース

恒例の夕食買い出し罰ゲーム。
今回はウントチュースでやってみました。
5人だと2山切れが終了条件となりますが、
カードの消費が多いゲームなのでさくっと終わります。

1位 38点 水性
2位 34点 ますみちゃん
3位 31点 nao
3位 31点 dj
5位 12点 Takakazu

水性さん、今日の初勝利。
ビリはTakakazuさんでしたが、車がないので同率3位だった
僕とnaoさんがカードで対決!
カードをめくって大きい数字が出た方が勝ち。
最初のカードを譲り合って、結局僕がめくりましたが

-10

泣ける…。
次のnaoさんは10を出して、文句なく僕の負け。

ってことで、Takakazu君と僕が買い出し決定です。


☆第6戦「チャオチャオ

帰ってきてみると、3人でチャオチャオをやってました。
どんなゲームだったかはわかりませんが、
最終結果だけで何となく笑えますw

1位 9点 nao
2位 1点 水性
3位 0点 ますみちゃん

0ってw


ここで終電のTakakazuさんが帰宅。
駅まで送っていく間、次のゲームのマニュアルでも読んでてね〜って
言っておいたのですが…。


☆第7戦「将軍

まだ全然読めてなかったっぽい。
ってことで、セットアップをしつつ僕がインスト。
ま、僕もマニュアル読みつつなんですがw

将軍
このゲーム、箱もでかいがコンポーネントも立派です。
場所もとります。
アグリコラ以上か?

大きなメインボードの他に個人ボードがあり、
それ以外にもカード置き場がいくつか必要になります。
そして、もう一つ。
大事なギミックがコレ。

タワー
置き場所がないので、サブテーブルに設置したタワー。
戦の時、このタワーの上から兵隊駒をばらばら〜っと入れて
勝敗を決定します。
タワーの中には微妙な仕切りがあり、駒が全部出てくるとは限らない。
そればかりか、前に入れておいた駒が出てきちゃったり…。
ガチ勝負の重たいシミュレーションゲームに見えて
実はちゃんと、こんなランダム要素が仕組んであるところがさすがです。

手番で出来ることは限られており、覚えなくちゃいけないルールは
思ったよりは多くないところも好印象。

アウトブレイク?
マップにはこんな感じで兵隊駒が置かれます。
写真は軍事大国のnaoさんに侵略される寸前の赤(僕)。

初期配置はマニュアルに載っていた初心者お薦めのものを使用。
ただ、セットアップだけでも結構時間がかかりますw

騎士カタンでも軍事路線を突き進むnaoさんにとっては、
はまりゲーなのか?
とにかく兵隊の多いこと多いこと…。
前半を終了して、naoさんがトップ、で僕は2位。
後半ではなんとかnaoさんを逆転したいところですが、
弱体化した領土をますみちゃんから奪われまくりw
余裕のトップnaoさんは、ビリの水性さんいじめw

途中軍資金が底をつき、ろくにアクションが出来ないターンがあり大打撃。
なぜそうなったかと言うと、領土をあきらめて得点稼ぎにいったからです。
このゲーム、領土が広いにこしたことはありませんが、
そうなったからと言って年貢が増えるわけでもなく、
かえって食料消費が多くなるばかり。
もちろん、生産量の多いおいしい領土が増えればいいのですが、
肝心なのは領土上にたてた建築物なのです。
この建築物でのボーナスによって大きく得点できます。
建築物が建ってる領土を奪われちゃったら意味ありませんが…。
そんなわけで、途中で戦を諦め、建築に集中した結果、
資金がなくなってしまった、というわけです。

ゲーム終了間際、領土はたったの4つだけ。
初期領土の半分になっちゃいましたTT
おまけに食料事情が悪く、2箇所で一揆が…。
4つしかない領土の内2箇所で一揆って…。

1位 39点 nao
2位 29点 dj
3位 27点 ますみちゃん
4位 23点 水性

結果はnaoさんの独走。
二つの一揆を運よく鎮圧できた僕がぎりぎり2位でした。
ますみちゃんが最後の一揆で負けてなかったら、逆転されてたかも。

見るからに重そうなゲームのくせに、ワーキャーしながら遊べて
なかなか面白かったです。

そうそう。
後で発覚しましたが、建物の得点を計算し忘れていました。
なので、みんなもう10点前後は稼げてましたね。
僅差のところは順位が入れ替わっていたかも知れませんが、
トップは大差だったので変わらなかったと思います。


と言うわけで、今回はここまで。
次は15日、サンパルでの定例会です!
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :