| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 大荒れ日本海 | TOP | ’09/10/20 カタン大会 >>

09/10/16 dj宅ゲーム会 後半戦

2009.10.22 06:41 Thursday | ゲーム会

前回のエントリーの続きです。

前半は3人だけでしたが、ここから人が増えていきます。
まずぴよちゃんが到着。
そして今度は何の前触れもなくchagaさん登場!
早速、chagaさん持ち込みのこのゲームをプレイ。

☆第4戦「はちゃめちゃジェットコースター」

はちゃめちゃジェットコースター
ラヴェンスバーガーの子供向けタイトル。
遊園地のジェットコースターが壊れてしまい、
遊びに来た子供達が、外れた歯車を直す、というゲーム。

何故子供達が??
遊園地の管理体制はどうなってるのか?
と言ったことはどうでもいいですね。

ギミックがとても凝っています。
ダイスに従って歯車をはめていき、オバケが載っている歯車が
全部まわれば完成!っていうゲーム。

よくよく考えてみたら、オバケ関係ないかも…。

あ、ジェットコースターの名前が、おばけコースターらしいです。

それはいいとしてw

箱の縁の部分にジェットコースターに乗っている子供達を配置します。
これが得点をあらわしています。
なかなか芸が細かい。

オバケだよ〜
ダイス運のみのゲームではありますが、この秀逸なギミックが
ゲームを盛り上げます。
ダイスによっては、歯車をはめたのに自分じゃ回せず次の人へ、
なんてこともあって、そりゃストレス溜まります。

だって、つまみがあったら回したくなるでしょw

回しまくるゲームで、ほとんど回せなかったますみちゃんが…

1位 14点 chaga
2位 10点 dj
3位 9点 ぴよちゃん
4位 3点 ますみちゃん

オーナー効果?
関係ないかw


ここで寺院さんが到着。
次のゲームは寺院さん持ち込みのバルバロッサ!

☆第5戦「バルバロッサ」

カタンでおなじみのトイバー作、超有名粘土ゲーム。
今回プレイしたのは再販されたバージョン。
旧版とは若干ルールが変更されているようです。
でも基本は同じ。
要するに、粘土で何か作ってそれを当てろ、とw

バルバロッサ
コレ、今回の作品たち。

すぐにわかるような物もダメだし、
全然わからない物もダメってことになってます。

あと、固有名詞がダメとかそういった制限もあるみたいですが…。
あんまりちっさいことは気にしない気にしない。

残念なのは、粘土や駒が足りなかったために
僕と寺院さんは見学だったことですね。

粘土は作らなかったけれど、飛び入りで当てに行って
無理矢理参加しましたけどね!

4人がそれぞれ二つずつ作品を作るので計8作品。
作品のタイトルを当てられたら、矢が刺さります。
矢が二本刺さったら、その作品は除外。

二本刺さった順番に写真を見ていきましょう。
写真の下にはヒントを書いておきます。
写真をクリックすれば、作品名=答えが見られます。

ba2
chaga作
「食べ物」
「焼いた物」

ba3
nao作
「白い」

ba4
nao作
「食べ物」
りんごじゃありません。

ba5
ぴよちゃん作
「生き物」
最初の文字は「ば」

ba6
ぴよちゃん作
最初のchaga作に超似てますが、食べ物ではありません
最初の文字は「れ」

ba7
ますみちゃん作
djの誤答「餃子の皮」
最初の文字は「ぽ」

ba8
ますみちゃん作
「生き物」
最初の文字は「く」

ba9
chaga作
最初の文字は「ま」
「マンモスの肉」ではありません。
っつーか、コレ、当てるの無理w

見学の寺院さんは当てましたがw

一番簡単なのと誰も当てられない作品を作ったchagaさんはビリ決定。

1位 24点 nao、ぴよちゃん
3位 21点 ますみちゃん
4位 19点 chaga

ぴよちゃんの二つの作品がいい問題だったかな。
両方とも固有名詞だから本当はルール違反だけどw


☆第6戦「クルード」

クルード
次はもはや古典とさえ言われる推理ゲームのクルード。
これねえ、前に一回遊んだ時はどうもしっくりこなくて
それ以来封印されていたゲームです。

でも最近pc版のクルードを入手してプレイしてみたら、妙に面白くて。
って話を寺院さんにふったら、数十回遊んだみたいで…。

いえ、僕は70回以上遊んだんですが…。

そんなわけで、リアルクルード!
僕と寺院さんはやり込みまくって勝つ気満々です。

さあ、犯人は誰だ!

犯人は誰だ!
このゲームの肝はいかに効率よくメモをとるか。
証言の数々がヒントになりますが、それを整理するのが結構難しい。

仮にみんながちゃんと情報を整理出来たとしたら、
勝つか負けるかはその時の手番順に左右されてしまうゲームです。

終盤、僕の手番の時には選択肢が二つまで絞られました。
この手番で告発しないと、多分もう手番はまわってこない…。
と言うことで、賭けに出ます。

今回の犯人です
「犯人はますみちゃん!(が担当しているミセス・ピーコック)
 凶器はピストル! 犯行現場は書斎! じっちゃんの名にかけて!」

あ、このゲームの設定では、犯人は極度の健忘症でして
凶器や犯行現場はおろか、自分が犯人だってことまで忘れてますw
だから、犯人の駒を担当している人も、他の人同様一緒に推理します。

んで、結果は玉砕!
犯行現場の二択で間違えましたTT

その後、今度は寺院さんの告発!
ってコレも失敗。
どうもメモのミスだったっぽい…。

自信満々の2人が負け決定したところで、正解したのは、

勝ち naoさん

でした。


☆第7戦「ダンシングドラゴン」

ダンシングドラゴン
軽いノリのパーティーゲームです。
2人ペアになってのチーム戦、最大8人まで遊べます。
ってより、多ければ多い方がいいでしょうね。
昔、男4人で遊んだ時にはさっぱり盛り上がらず…。
今回は女性二人を含む6人戦です。

チーム分けはこんな感じになりました。

chaga・寺院組
ぴよちゃん・dj組
nao・ますみちゃん組

ルールは簡単。
みんなで一斉に手札から一枚を中央に捨てます。
で、他の人の捨て札を一枚拾ってくる、と。
手札の中に同じ色のドラゴンが4枚揃ったら完成!
でも、完成のコールは自分じゃ出来ません。
自分のパートナーに宣言してもらわなければいけません。
なので、もう完成したよ〜っていうサインをあらかじめ決めておき、
自分のパートナーに送ります。
例えば、ほら、ウィンクとか。
完成したら、ウィンクしまくるのです。
もっとも、早い者勝ちのアクションゲームを繰り返しているので
ついつい相手のサインを見落としがちになります。
そうすると、他のペアにサインがばれてしまいます。
もし、他のペアから完成していることを指摘されてしまったら
そのチームは負け、となります。
ま、そんな感じ。
文字で書くと長くなりますね…。

実際やってみると、それはもう忙しくてw
その割には結構あっさり終わってしまってw

各チーム、一回ずつ勝ったので最後に決勝戦。

ドラゴンが揃いそうで揃わないので、大げさに肩を回してみました。
そしたらそれをサインだと寺院さんが勘違い。

ってことで、

負け chaga・寺院組


☆第8戦「ハンズアップ」

ハンズアップ
も一つ続けてお手軽アクションゲーム。
写真に写っているのがお題カード。
この絵の通りに手を出せばok。
ミソは、絶対無理な絵があること。
例えば左側のカードは絶対無理です。
やってみればわかります。
無理な時は専用のポーズがあります。

一番遅かった人はそのカードをとり、次回の出題&判定をします。
たくさんカードを集めた人が負けってゲーム。

結果だけさくっと、

負け 寺院


☆第9戦「お邪魔者」

お邪魔者
前回の定例ゲーム会で初めて遊んでみたら、
評判通り面白かったので今回も登場。

6人プレイなので、お邪魔者は1人 or 2人。
下の方に写っているのが役割カード。
文字入りのカードが配られたらお邪魔者担当です。
みんなが金鉱を掘っていくのを要所要所で邪魔していきますが、
あからさまなことをすると、行動を制限されちゃいます。

結果
1位 11点 ますみちゃん
2位 5点 寺院
3位 4点 dj
4位 3点 chaga
5位 1点 ぴよちゃん、nao

ますみちゃんの爆勝ち。


☆第10戦「お邪魔者 2回戦」

面白かったのでもう一戦。

結構悪そう
役割カード、これは金鉱堀チームのカードなんですが
よーく見ると、こいつらも結構悪そうな顔をしているような気がw

結果
1位 7点 ぴよちゃん
2位 6点 dj
3位 5点 ますみちゃん
4位 3点 寺院、nao
6位 1点 chaga

今度は接戦でしたが、前回ビリだったぴよちゃんの優勝!

ここで女性二人が帰宅。
お疲れさまでした。


☆第11戦「パンデミック 初級」

パンデミック
寺院さん、chagaさんが初プレイ。
僕とnaoさんはあまり口を出さずにプレイしました。

けど、さすがゲーム達者のお二人、難なくクリア。

このゲーム、クリアしちゃったら面白くないんだよな〜w

ってことで…


☆第12戦「パンデミック 上級」

中級をすっ飛ばしていきなり上級に挑戦。
さすがに上級なので、僕とnaoさんもマジ参戦。

結構順調に進みまして、あれ?もしかしてクリアしちゃう?

やっぱり全滅
はい、やっぱりダメでした〜
上級はそんなに甘くなかったw


ラストゲームが全滅で終了って…

ま、いっか。
お疲れさまでした〜
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :