| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 2月定例会 | TOP | 3月定例会 >>

グレーターカタン

2014.03.04 03:18 Tuesday | 和訳、サマリー

最近、新しい拡張が発売されたりして、未だに元気なカタンですが、昔から「大カタン」と呼ばれている海カタン用のシナリオがあります。別名「グレーターカタン」です。作者であるトイバー本人が作ったシナリオで、カタンを2セット使用しなくては遊べないという、すごいシナリオです。

※追記
 正確にはカタン2セット+海カタンが必要です。ただ、現行の仕様では海タイルが不足しているので、海カタンも2つ必要です。もっとも足りないのは海タイルだけなので、空きマスにしておいて海がある体でも何とかいけます。

ま、これだけならどうせでっかいマップの海カタンなんでしょ?で、終わっちゃうところです。実際僕も、海カタンはシナリオがいろいろあるのはいいけれど、どれもこれもだらだらとプレイ時間だけが長くなり冗長な印象しかありません。シナリオによっては運要素が強くなりすぎて並カタンの優れたバランスを崩す方向にしか行かない駄作だと思っています。だからカタンを遊びすぎて飽きちゃったから、たまには違ったのも遊んでみたい人用、という認識です。

蛇足ですが、そんな海カタンに比べると騎士カタンの方は別ゲームかってくらいにゲーム性が変わってまして、とてもお薦めです。カードの種類が増え言語依存が多くなるため、早く日本語版が出てくれないかと首を長くして待っています。ジーピーさん、是非よろしくです。

さてさて、「グレーターカタン」に戻ります。冗長な海カタンシナリオの中にあって、この「グレーターカタン」だけはかなりえぐいルールが特徴となっています。もちろんプレイ時間は長くなります。何しろ勝利条件は18点。騎士オプションを入れれば20点です。
このシナリオの特徴は移民です。本島が真ん中にあって、外周の島を開拓していく、のは他の海カタンシナリオと同様なのですが、それらの島には数字チップがありません。船が到達した時にはじめて数字チップが配置されます。しかし、余ったチップは4-5個しか無く、それらが尽きた時、本島のチップを移動させるのです。

どういうことかと言うと、本島がどんどん過疎って行きます。初期配置で半分以上勝負が決まる、とか言われちゃってるカタンに於いて、それを根底から覆すえぐいルールです。8の土地に都市2つ建ててウハウハだぜーって思ってたら、その8の数字チップがとられて無くなっちゃうんです。数字チップがなくなってしまった土地は完全に資源が枯渇し、それ以降、一切の資源を産出しません。都市が廃墟に変わります。

そんなルールだから、どのタイミングで移民していくかってのが重要な駆け引きとなります。他の海カタンと違い、島発見ボーナスなんてありません。しかも、本島からの数字チップの移動は、基本的には自分の開拓地や都市から行います。そのため、発見から移民へのタイムラグが命取りとなることがあります。

まあ、そんな感じの「グレーターカタン」なんですが、実はこれ、iOS版やAndroid版の公式カタンの海カタンシナリオで遊べます。(カタンのアプリ内から別途海カタンの購入が必要となります)

グレーターカタン2
で、実際に遊んでみたところ、どうも以前から公開されているルールと違うようなんですよね。ちなみにオリジナルのルールは今の海カタンには掲載されていないようです。このiOS版のルールが公式なものなのかどうかはわかりませんが、どこかにルールが書いてないかなー、と探しても見つからないんです。あ、もちろんスマホで遊べる程度のルールなら解説しているページもあります。ただ、初期配置とかそこまで詳しく書いてるところがないんです。

※追記
 便宜上iOS版と表記していますが、同メーカーのゲームであればおそらくみんな同じ仕様だと思われます。きちんと確認していないので何とも言えませんが、android版やiOSのHDじゃない方とか、DS版とか、pc版とか…。

ってことで、自分で調べてサマリー作りました。これがあれば、リアルで「グレーターカタン」を遊ぶことが出来ると思います。興味のある方は是非、遊んでみてください。

ちなみにそのiOS版のカタンには、「グレーターカタン1」と「グレーターカタン2」の2つのシナリオが入っています。基本的なルールは同じですが、使用しているタイルの数などが微妙に異なります。2の方が旧ルールからの正当進化って感じがしますが、より狭くなった1の方もなかなかえぐいです。(ってことで、2の方を先に載せてます)

グレーターカタン ルール

これ作ってて疑問点がいくつか。1の方では、数字チップの12をのぞいてかわりに5のチップを使います。5だけ3枚使うってことです。謎です。
さらに2の方では、麦港がありません。そして何故か羊港が2つあります。これも謎です。

これらの微妙な変更点がトイバーによる微調整なのか、それとも何かの勘違いなのか…。元々バグだらけのiOS版カタンですので真相はわかりません。協会の方ならわかるのかな?

それとお薦めは「グレーター騎士カタン」です。何故かと言うと、普通の「グレーターカタン」では港がとても重要になってきます。何しろ資源が大量に必要なのです。そこで使い勝手のいい港をいくつ確保出来るかが、割と重要になります。しかしこの港作戦、手札が増えてしまいバーストのリスクがあります。

その点騎士ルールでは、城壁を使って手札制限を緩和することも出来ます。さらに、水路を使えば好きな資源を入手することも出来ます。そのかわり、発明家のカードで数字チップが入れ替わっちゃったりして、さらにカオスになりますけど。騎士カタンがあまり普及していない現状、「グレーター騎士カタン」が遊べるようになるのはいつのことやら…。

それから、先ほどの麦港がない件については、騎士カタンに限定するならば納得出来る調整です。何故なら、麦の土地が木や羊同様、計8つもあるため麦港がかなり有効になるからです。土港も強いのですが、土地は6つしかありません。そのため、思い切って麦港をなくしてしまったのではないかと。

んー、いや、それにしてもいきなり無くしちゃうかなあ。何か他の方法でバランスとってもよさげな気が…。やっぱり微妙だ。

あと、もしかしたら間違っている箇所があるかも知れませんので、その辺はご容赦を。やんわりご指摘いただければ幸いです。
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :