| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 9月定例会 | TOP | シェーンベルクの4人チェス >>

ウィーンでボードゲームショップ巡り

2012.10.10 01:15 Wednesday | 雑文

お久しぶりです。dj@viennaです。ベルリンでの仕事を終えた後、2年半ぶりにウィーンにやってきました。ベルリンでは忙しくて、ボードゲームショップ巡りが出来ませんでした。と言うか、去年ベルリンに行った時にも思ったのですが、ドイツの東側にあるベルリンでは、あまりボードゲームを見かけることがありません。たまたまなのかどうかはわかりませんが、西の方では本屋さんなどでも普通に置いてあったりします。(ちなみにエッセンは西の方です)

EC
それはともかく、本題のウィーン。ベルリンからは南南東の方角になりますので、エッセンからはさらに遠ざかることになります。ちなみに直通電車を使い、途中チェコのプラハなどを通ってウィーンに入りました。大体9時間半くらい。

シュテファン大聖堂
今いるホテルはウィーンに中心地であるリンクからやや外れたところ。とは言っても、トラム(路面電車)を使えばすぐに国立歌劇場などがあるカールスプラッツまで出られます。Uバーンという地下鉄を使えばそのカールスプラッツまで1駅、もう1駅行けばシュテファン大聖堂です。大した距離でもないので、そこまで歩こうと思えば歩けちゃいます。

Karlsplatz駅
前置きはこのへんで、では1軒ずつ紹介していきましょう。

・Steffl

カールスプラッツからシュテファン大聖堂まで歩いていく途中、右側にあります。ここはデパートみたいな感じかな。写真撮り忘れました。で、行ってみたはいいんですが、ボードゲーム売り場がなくなってました。前回はあったハズなのにな〜。もっとも、服飾関係がメインなので、ボードゲームがある方がむしろ違和感でしたが…。

・Carl Hilpert

シュテファン大聖堂の近く、カールスプラッツ側から見ると、右奥あたり位置します。すぐ近所にモーツァルトハウスがあります。おもちゃ屋さんの老舗と言った感じです。

Carl Hilpert
ボードゲームはあまり多くはありません。あるにはあるんですが、レジ奥に並べられているので手に取ることが出来ません。店員さんに話しかければ、いろいろ引っ張り出してくれるんですが、語学に強い人じゃないと辛いかも。前に来た時と比べると、若干在庫が少なくなっているような気がしました。

・Kober

Kober
このお店もシュテファン大聖堂の近くにあります。カールスプラッツ側から見ると、手前を左に行ったところ。看板には1868って書かれていますが、そんなに昔からやってたのかな?だとしたらすごいですね。もっとも、扱う商品はだいぶ様変わりしていると思いますが…。

Koberの売り場その1
入ってすぐに階段かエレベータで上に上ります。2階になるのか3階になるのかわかりませんが、そこがお店のフロアー。外からは想像出来ないほど中は広いです。扱っている商品はおもちゃ関係全般で、強いて言うならトイザらスみたいな感じ。チェーン店ではないと思いますが。

Koberの売り場その2
ボードゲーム売り場は左奥の方にあります。在庫はそれほど多くはありませんが、定番商品、ドイツ年間ゲーム大賞受賞作、そして新作と一通り揃えている感じです。値段は次に紹介するMuellerと比べるとちょっと高め。ただし、掘り出し物もあります。

ワレスの白蓮が大安売り
売れ残っていたんでしょうか。ワレスの「白蓮」が大幅ディスカウントされていました。箱が若干潰れてたりしましたが、ついつい買っちゃいました。他にカードゲームを3つほど購入。

・Mueller

このお店だけはちょっと離れてまして、シュテファン大聖堂からUバーンに乗って4駅行ったツィーグラーガッセ駅のすぐ近くにあります。もう1駅行けばウィーン西駅です。ウィーン西駅に向かう大通りは大勢のお店と人で賑わっています。

Muellerはおもちゃ屋さんと言うわけではなく、他にも本やCD、DVD等、フロアによっていろんな物が売られています。おもちゃフロアは2階だったかな。あ、さっきから2階とか3階とか書いてますが、これ日本での表現です。ウィーンだと数え方が違います。

大型スーパーのおもちゃ売り場という感じで、売り場面積は結構広めです。在庫も豊富ではありますが、やはり定番商品、ドイツ年間ゲーム大賞受賞作、そして新作が中心となっています。少し古めのゲームを探しても、見つかりません。ただし、小箱やカードゲームは、置き場所をとらないせいか、少し古いのも売ってたりします。Koberと比べると値段は安めですし、たまにすっごく安く売られている場合もあります。値段間違えたの?って勘ぐってしまうくらい…。ここでは最近出たダイスゲーム2つと、カードゲーム3つを購入しました。

Muellerの売り場その1 大箱

Muellerの売り場その2 カード

Muellerの売り場その3 小箱

Muellerの売り場その4 エレベーター付近には新作などの大箱
ちなみに、すぐ隣にも本やCD等を扱うお店がありまして(店名忘却)、そこにもほんの少しだけボードゲームが置いてありました。


今回のお買い物
ということで、今回購入したゲームがコレです。全部で9ゲーム、日本円にして8000円弱でした。カードゲームばかりなのでやっぱり安いです。少しでも重量とかさを減らすため、白蓮は開封して抜き作業をやりました。で、カードゲーム6個を無理矢理詰め込んでます。ちゃんと蓋閉まってないけど…。


こうして見てくると、ドイツのエッセンから遠いせいもあるのか、温度差を感じます。まわった店舗が専門店ではないってこともあるかも知れませんが、取り扱う量が減ってきているような気がしないでもありません。

Muellerのトップセラー
おまけ。これ、Muellerに掲示されていた売り上げリストです。そのほとんどが定番商品です。ドイツ年間ゲーム大賞受賞作であるキングダムビルダーですら、上位にランクインされていません。売れ行き大丈夫なんだろうか?とちょっと心配になります。

日本では徐々に盛り上がりつつある?って感じのボードゲームですが、本場ドイツの隣国であるオーストリアではイマイチのような印象でした。ドイツの西の方に行けばまた事情も変わってくると思いますが、最近ではドイツ以外からのゲームも多く、下火になっちゃってたりするのかなあ…。デジタルゲームの方が元気よさげです。
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :