| ABOUT ABC | CONTACT |
<< おそらく全く需要がないであろうゲームのアイディア | TOP | 8月定例会 >>

2012/08/05 BBQゲーム会

2012.08.11 10:40 Saturday | ゲーム会

今日の夜はARWのライブがあるんです。秋田スウィンドルってところでやります。と、のっけから宣伝でした。

最近、そんなバンド活動も含めていろいろ多忙でして、なかなかゲームを遊ぶ時間がとれません。でも夏です。暑い暑い。かなり無理矢理時間をこじあけてゲーム仲間を招集し、庭でBBQをやることになりました。

快晴!
集まってくれたのは、hataさん、ksさん、ナスさん、カンドリ君、chagaさん、そしてdj。ちょっと遅れてrinちゃんの計7名。

肉!!
火をおこすのにやたらと時間がかかっちゃったり、日差しが強くて汗かきまくり日焼けしまくりではありましたが、野外でのBBQはやっぱり最高です。出来れば庭ではなく、どこか別の場所でやりたかったんですけどね〜。まあ、それはまた次の機会ということで。

食事と後片付けが一段落してからは、部屋に入ってゲーム会です。

ゲームリスト
・街コロ
・サンディアゴ・デ・クーバ
・ハンザ
・セレンゲティ
・ラコタ
・リボルバー
・あいどるプロジェクト
☆第1戦「街コロ」
最初から2卓にわかれました。まずはA卓、hataさん持ち込みの「街コロ」です。

街コロ
山形でも遊んだんですが、すっかり忘れてました。ダイスを使って自分の街を大きくしているゲーム。ダイスを使うだけにほぼ運ゲーではあるのですが、カードの取得の仕方で作戦がわかれ、軽いながらも楽しませてくれるゲームです。

僕は家具工場で一気に儲ける作戦。ダイスで8が出ればウハウハになるハズが、結局ゲーム終了まで一度も8の目を出せずに惨敗。勝ったのは、カフェとファミレスで他プレイヤーからたかりまくり作戦のhataさんでした。

勝ち hata
負け dj、ks、rinrin


☆第2戦「サンディアゴ・デ・クーバ」

サンディエゴ・デ・クーバ
B卓では3人で「サンディアゴ・デ・クーバ」です。
3人でもプレイ感はあまりかわらなかった様子。特にナスさんの作戦によって厳しい展開になったとか…。

1位 47点 chaga
2位 40点 ナス
3位 39点 カンドリ


☆第3戦「ハンザ」

ハンザ
A卓、次のゲームはシャハトの「ハンザ」です。アバカスの薄っぺらい箱シリーズ。他に、「カリフォルニア」や「チャイナ」がありますが、このあたりのゲームってどれも良作なんですよね。

バルト海を船で渡り歩いて商売していくゲーム。と言うとお金を稼いだ人が勝ちっぽいですが、勝利点は別になります。むしろそのお金の使い方がちょっと変わっています。手番ではお金を出せば何回でもアクション出来てしまうという…。アクションの中には他のプレイヤーにお金を払わなければならないものもあって、あえてそこでアクションするのか、それとも船を動かして他の場所でアクションするのか悩むところ。シャハトらしい嫌らしいルールが随所に見られます。

1位 43点 ks
2位 35点(3) dj
3位 35点(4) hata
4位 29点 rinrin

マップ左下を独占状態にしつつ、販売店を増やしていったksさんの圧勝でした。


☆第4戦「セレンゲティ」

セレンゲティ
B卓の方でもシャハト、こちらはカードゲームで「セレンゲティ」です。
競りゲーですが、自分が獲得したカードの数字はビッド出来ないっつー、妙な縛りがきいてます。

1位 22点 カンドリ
2位 17点 ナス
3位 13点 chaga


☆第5戦「ラコタ」

ラコタ
B卓、時間調整のためにお手軽「ラコタ」です。
順番に木片を置いていくだけのゲーム。重ねておけたらもう1本置けます。手持ちの木片を全部置いたら勝ち。崩しちゃったらその分、引き取らなくてはいけません。
要するに、次の手番の人が有利になるように置かなければいいゲームです。とは言っても慣れない内は、あ、これ重ねておけちゃうじゃんってことがよくあります。で、大抵そういうのって同じ人です。つまり、その人の次の手番の人が有利になるっつーw

勝ち ナス
負け カンドリ、chaga


☆第6戦「ラコタ」2戦目

6人でもう一戦。隣のrinちゃんが毎回アシストしてくれたので楽勝でした。

勝ち dj
負け rinrin、hata、ナス、chaga、カンドリ


☆第7戦「リボルバー」

リボルバー
B卓、2人用カードゲームの「リボルバー」、ギャング有利のバランスになってるとか…。

勝ち ナスギャング
負け hata保安官


☆第8戦「あいどるプロジェクト」

あいどるプロジェクト
そして今日の〆はアークライトの萌えゲーシリーズから「あいどるプロジェクト」です。たんとくお〜れのようなデッキ構築型のゲームではなく、「エミーラ」というゲームが元になってるらしい…。

エミーラと言えば、ハーレムゲームとして有名ですね。自分の宮殿にたくさんの女性を囲って云々っていう…。って書くと女性差別と取られかねないのですが、まあ、そこはあくまでゲームでの話。それにプレイしてみた感想としては、ハーレムゲームなんてとんでもないって感じでした。ほら、だって別にご褒美なんてないでしょ?精々、女性の絵が描かれたカードが手元に来るってだけですよ。でもってこいつがとにかく我が儘で、やたらと金がかかるんです。中には世界一周旅行に連れてけって言い出すのまでいます。1ターン休みですよ?どんだけって感じでしょ?
しかも、女性を選ぶ権利はプレイヤーにはありません。勝手にプレイヤーのステータスを見て、自分の好みのところに行くんです。プレイヤー側に拒否権はありません。ほんと、ハーレムと言うより苦行です。それもそのハズ、なんとこのゲームのデザイナーは女性なんですよね。いい男を選んで我が儘言いたい放題してみたいって願望から作られたんじゃないかな…。

そんなエミーラですが、欠点がいくつかあります。まず絵。文化の違いでしょうか。女性の絵が好みではありません。ま、別に萌え絵である必要は全くないのですが、それにしてもちょっと…。うん、でもまあ、これは好みの問題かも。
も1つ、ゲームが無駄に長く感じられます。その原因は手番の競り。この手番競りにもう一工夫あれば、もっとよかったのになあって思います。

さて、ここまでがエミーラの話。じゃ、それを元にした「あいどるプロジェクト」がどうだったかって言うと、これがねえ、ほぼエミーラでしたw

改善された点はやっぱり女性の絵でしょうか。うん、やはり好みの問題ではありますが、まだ萌え絵の方がマシに感じられます。たんとくお〜れで唯一名前を覚えたぽよよんろっくさんという絵師は、今回箱絵まで担当してます。

蛇足ですが、このぽよよんろっく、化物語のキャラデザと同一人物だったんですね〜。いやあ、びっくりしました。すごい人使ってるじゃん、アークライト!

とまあ、萌えゲーですからこの点はいいとして、じゃ、ゲームシステムの方にどうメスを入れたのかな、と。ボードゲームをうまいことカード化してます。カード化することによりコンパクトに持ち運べるにようになってます。これを良しとするかどうかは意見の分かれるところだとは思いますが…。

ルールもいくつかの要素が削って整理されており、改良されたと言っていいかも。

が、残念なことに冗長な感じはそのまんま残ってます。むしろエミーラに登場する女性の方が、我が儘の度合いがすごくて、苦行ゲームとしては上だったかも知れません。トゲがなくなって、より冗長に感じました。

も1つ、すごいエラッタがあります。ゲーム終了条件であるドーム公演の勝利得点が、20VPから5VPに変更されてました。これはルールが不明瞭だった点を調べようと思ってアークライトのサイトに行って初めて判明したことです。凄まじい変更です。最初の20VPだと、ドーム公演を行った人がまず間違いなく勝利しますが、5VPになったことにより、場合によっては他の人にも勝てるチャンスがあるかもねってバランスになりました。ま、いい修正だとは思いますが、あまりに基本的な部分過ぎて、ちゃんとテストプレイしたの?って言いたくなります。

さて、ゲーム。プレイヤーは事務所を担当。アイドルと契約して勝利点を稼ぎましょうって感じ。エミーラ同様、事務所側に選択権はありません。自称アイドル達が勝手に事務所のステータスを見比べて、自分の好みのところにやって来ます。立ち位置逆です。デビュー前から偉そうです。で、序盤はどの事務所もステータスが足りないので、アイドルが全然来ません。

そんな中、初めてrinちゃんがアイドルと契約!ところが、このアイドル自身のステータスが足りず、仕事が出来ません。延々とただ飯を食います。そんなアイドルを僕が引き抜きます。rinちゃんは別のアイドルと契約、ところがそれがさらに輪をかけた金食い虫。

一方、ks、chaga、カンドリの3人は、アイドル事務所の看板を掲げているものの、全くアイドルと契約出来ません。アルバイトに精を出す毎日。それってアイドル事務所って言えるんでしょうか?始めてから1時間半くらい経っても1人も契約出来ません。なんだこのゲームw

後半に入って、ksさんが動きます。今までせっせとアルバイトでため込んだ資金を使ってステータスをあげ、2人のアイドルと契約。もっともその頃には僕も終了条件に近づいてまして、ついにドーム公演!

1位 8(3)点 dj
2位 8(2)点 ks
3位 3点 chaga
4位 1点 カンドリ、rinrin

結果は同点でしたが、アイドル数の差で僕の勝利でした。結局カンドリ君は最後までアイドルと契約せず。

ちなみにゲーム中に使われるお金はAPという単位です。カンドリ君曰く、「アイドルゴールド」と。ほう。Aidoru Goldかな?さすが、現役大学院生は言うことが違うぜ!英語とローマ字混成とは思わなかったよ!

※紙幣には「アークライト銀行」って書いてありました。

※ちなみに今回は、手番競りで勝った人は2アクション出来るっていうオプションルールを採用したのですが、これが悪かったみたいです。と言うのも、このルールのおかげで2番目の人までしかステータスをあげるカードを購入することが出来なくなるからです。ゲームが冗長になってしまった原因かも。もっとも、そもそも手番競りを廃止する、くらいの思い切ったリメイクをしてもらいたかったなってのが個人的な感想です。



来週の日曜日は定例会です!みなさん是非是非。
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :