| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 年末を迎えて | TOP | あけましておめでとうございます >>

2011/12/23 暴風雪ゲーム会

2011.12.31 04:32 Saturday | ゲーム会

忘年会も12月の定例会も終わったけれど、まだまだ自宅ゲーム会は続きます。恒例の某女史による平日ゲーム会を開催。と思ったら、この日は誰かの誕生日で休日だった!

それにしても、このところ雪の勢いがすごいことになってます。「暴風雪」という言葉は、秋田に来てから初めて知りました。横なぐりの雪が吹き荒れる中、ますみちゃん、ナスさん、ksさん、rinrinさん、chagaさんが集まってくれました。

ゲームリスト
・カレ
・メルトダウン2020
・バトルライン
・アダムとイブ
・忍者刀
・ローゼンケーニッヒ
・ドラゴンイヤー
・カンブリア
・ヒベルニア
・豚小屋
・プラトーX

☆第1戦「カレ」

rinrinさんが遅れているので、さくっと終わりそうな「カレ」を4人で遊んでみることに。

カレ
各プレイヤーには同じ数だけのタイルとボードが配られます。ダイスを振りその目に従って、ボードの上にタイルを配置していきましょうっていうゲーム。全てのタイルを配置出来たら勝ち。

タイルにはマス目と同じ分の数字が書かれています。(1マスのタイルだけは例外で7になってます)この数字をぴったりダイスで出せば、配置す
ることが出来ます。とっても単純。

ダイスは一度に3個振ります。ダイスはタイルの配置だけでなく、チップの購入にも使えます。チップは2種類。1の目チップとお邪魔チップ。

1の目チップは、ダイス目1のかわりに使用出来ます。コストは、1つ買うなら1でいいのですが、2つ買う時は11になります。1が2つだから11って、どんな足し算だよ、とw

お邪魔チップはコスト5、2つ買う時は10です。これを使えばダイス目と同じタイルを、他人のボードからとりのぞくことが出来ます。チップを2個使えば、同じタイルを自分のところに配置出来ます。

このお邪魔チップを巡る攻防が思ったよりも熱くなりまして、あっさり終わると思いきや結構時間がかかりました。ゲームが始まってすぐに到着したrinちゃんは延々と見学w

お邪魔チップで妨害されにくいよう、タイルの配置にも気を配ります。上にタイルを積んでしまえば、下のタイルは外されないので、複数のタイルにまたがるように配置しちゃう、とか。単純ゲームかと思ったら意外に深い?

綺麗に積んだ
お邪魔チップ攻防の間隙をぬってナスさんがタイルを全部積んで勝利!

勝ち ナス
負け ますみちゃん(2)、ks(3)、dj(3)

お邪魔チップは面白いけれど、数を制限するなりしないとちょっと収束性が悪くなっちゃうかな〜っていう印象。でも、意外と楽しめたゲームでした。


☆第2戦「メルトダウン2020」

次は時期的に非常に紹介しにくいのですが、「メルトダウン2020」というゲーム。

メルトダウン2020
内容はタイトル通りですね。原子力発電所が事故って大惨事が起きてしまう、と。原発だらけのマップがありまして、そこにいる人たちをなるべく多く救助します。一番たくさん救助した方が勝ち。まあ、所詮ゲームですから。それに2020年の話ですから!

この手のパニックものは大抵不謹慎なデザインとなります。先日遊んだ大噴火もそうですし。このゲームはどちらかと言うと、ポンペイの方に近いかも。カルカソンヌのデザイナー、ヴレーデの作ですよ。

ポンペイと共通しているのは、助ける人は自分の色の駒だけ、という点。他の色の駒はスルーどころか、救助の妨害をすることも…。

たくさんの木駒が並んで綺麗なんだけれど…
こうやって見ると、カラフルな駒がたくさん並んでとっても綺麗。ただ、ゲームの進行に伴って、各地の原発から放射能が漏れ、どんどん人が減っていきます。どの原発が事故るかってのはダイス次第。一応、復旧って要素もあるんですけどね…。

プレイヤーは3つの乗り物、バス、車、へりを持っています。ちなみにこれらの乗り物の操縦者も最終的には助けなければいけません。深刻な状況の原発のすぐ側にいると被爆してしまうとか、妙にリアル。

大災害!無人の地に
放射能のマーカーを尽きてしまうか、1つの原発に5つ積まれるとゲームエンド。まだ残ってる人がいるのに〜って時にゲームが終わります。

圧倒的なリソース不足の中、如何に効率よく救助していくかっていうところがキモ。時には救助を諦めて撤退を余儀なくされることも。ま、どこの原発から放射能が漏れるかってところはダイス運なんですけどね。

1位 20人 ますみちゃん
2位 18(12)人 ナス
3位 18(19)人 rinrin
4位 16人 dj
5位 15人 ks

テーマはともかく、ゲームとしては割と軽めで面白かったです。現実ではここまで悲惨なことになりませんように。


☆第3戦「バトルライン」

次のゲーム、4人と2人にわかれることになりました。こちらは2人用ゲームの「バトルライン」です。rinちゃん圧勝じゃない。

勝ち 3点 rinrin
負け 0点 ナス


☆第4戦「アダムとイブ」

続いて「アダムとイブ」の初級ルール。初級はやっぱり簡単だったみたいで、結構なラブラブっぷり。

rinrin & ナス 相性77%


☆第5戦「忍者刀」

忍者刀
さて4人ゲームの方は「忍者刀」です。僕も参加していたのですが、用事があったために開始直後にナスさんと交代。インストだけして遊べなかったという…。

デザイナーはもちろん外人の方ですが、日本の歴史について結構調べているようです。時代としては保元の乱の後、源平合戦より手前あたりでしょうか。プレイヤーはそこで暗躍する忍者になります。

け、けいびいん?
屋敷に忍び入って宝を強奪してくるのですが、その宝を守っている人たちを倒さなければいけません。強さによって「サムライ」や「ブシ」など、名称がかわります。この2つの差異は不明。写真に写っているのもその1つで、「Keibi-in」と書いてあります。けいびいん??w

こんなお笑い要素がありつつも、ゲームとしてはしっかりした作りのようです。手裏剣の形をした木駒もいい感じでした。細かいレビューは自分が遊んだ時にでも…。

1位 103点 ks
2位 100点 chaga
3位 88点 ますみちゃん
4位 85点 ナス


☆第6戦「アダムとイブ」2戦目

忍者刀を抜けたものの、まだ時間があったためにrinちゃんと2人で「アダムとイブ」を。

まずは初級編。

rinrin & dj

15 + 20 + 7 + 14 + 15 = 71%

さすがにぬるくて、こんな相性。ってことで、次は中級編。

0%

いきなり失敗。っつーか、rinちゃん、もうちょっと考えてよ!もっかい!

0%

また失敗…。ちゃんと捨て札見てよ!!もっかい!!!

0%

またもや失敗…。rinちゃんがルール覚えてくれませんTT

最後にもう1回!

7 + 0 = 7%

うん、やっぱりこんなもんだ。


☆第7戦「ローゼンケーニッヒ」

まだ時間があったので、「ローゼンケーニッヒ」を。

勝ち 218点 dj
負け 205点 rinrin

結構接戦。


☆第8戦「ドラゴンイヤー」

ドラゴンイヤー
僕が用事でいない間に「ドラゴンイヤー」が遊ばれていました。

ちょ、これ年明けに遊ぶ予定だったのに!

何人いなくなるのか…
辰年には災いが起きまくるので、それを堪え忍ぶゲームです。超マゾゲー。

1位 92点 ks
2位 78点 ナス
3位 76点 ますみちゃん
4位 67点 chaga
5位 45点 rinrin


用事が終わって戻ってきたところで、ますみちゃんが帰宅。
で、次のゲームは…、


☆第9戦「カンブリア」

カンブリア
届いたばかりの「カンブリア」です。ヴォゲルってデザイナーの作品。小さめの箱、小さめのボード、プレイタイムも短めでルールも少ない。でもちゃんとゲームになってるよって感じ。

ボード上にマーカーが置かれた拠点がありまして、プレイヤーはダイスを振ってその拠点の間にある道に自分のキューブを置いていきます。全ての道が埋まった拠点は、一番たくさんキューブを置いたプレイヤーの物になります。

マーカー
このマーカーがそのまま得点となります。中国生産品のためか、若干品質に問題アリですが、よくまとまったコンポーネントだと思います。ツボをおさえてる感じ。

1位 16点 chaga
2位 14点 dj
3位 6点 ナス
4位 4点 ks
5位 2点 rinrin

すっごく面白いってほどでもないけれど、小さくまとまってるいいゲームでした。時間調整の時に使えそう!


ここでナスさん帰宅。お疲れ様でした。


☆第10戦「ヒベルニア」

次は同じデザイナーの「ヒベルニア」です。さきほどの「カンブリア」とは同じメーカー。なので箱を並べてみました。

並べてみた
シリーズ物っぽい雰囲気ではありますが、こうやって並べてみると全然作りが違います。微妙に箱の大きさが違ってたり、紙質も違う…。わざとやっているのか、こうなってしまったのかは謎。

ヒベルニア
さて、こっちのゲームは陣取りです。陣取り部分はよくある感じのルールですが、得点方法のアイディアが面白い。自分の手番終了時に占領している土地の色、その分だけ得点トラックをすすめます。例えば、得点トラックで目の前が黄色だった場合、いくらマップ上で躍進していても、黄色い土地を1つも持っていかなかったら全く進めません。で、このトラックを一周したら勝ち。

なんかね。陣取りってよりは、レースゲームやってるみたいw

このゲームでもダイスを使った運要素が入りますが、考えどころもあってなかなかいい感じでした。

1位 2マス ks
2位 -1マス dj
3位 -3マス chaga、rinrin


☆第11戦「豚小屋」

豚小屋
比較的短時間で終わる推理ゲーム「豚小屋」です。箱絵に描かれた被害者の足がhataさんにしか見えない、と話題のゲーム。

推理ゲームってよりも、誰を犯人にしてやろうかって感じのゲームです。まだシロ確定していないのに、強制的に容疑者リストから外していかなければなりません。だんだん犯人がわかってきた頃には時既に遅し…。

1位 12点 ks
2位 9点 chaga
3位 7点 rinrin
4位 0点 dj


☆第12戦「豚小屋」2戦目

あんまり悔しかったのでもう1戦。

1位 17点 ks、chaga
3位 9点 dj
4位 -2点 rinrin

うん、rinちゃんに勝ったからいいやw


☆第13戦「プラトーX」

プラトーX
最後に積み木ゲーの「プラトーX」をプレイ。パーツを積んで自駒を動かし、一番高いところに居たら勝ちってゲーム。
rinちゃんの回りには何故か高い壁が出来て移動出来なくなりますw

1位 5階 ks
2位 5階 dj
3位 4階 chaga
4位 3階 rinrin

軽かったので、もう1戦。


☆第14戦「プラトーX」

いい勝負
同じ高さに居た場合、その場の面積が広い方が勝ち。それも同じ場合は先に登った方が勝ちだったかな?

1位 4階 ks
2位 4階 chaga
3位 4階 dj
4位 3階 rinrin


と言うことで今日はここまで。車の上にはたんまり雪が積もってました。

これでゲーム納めかと思いきや、年内にまだまだ遊ぶ予定が…。
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :