| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 2011/11/13 11月定例会&ゲーム二次会 | TOP | 2011/11/21 また平日だけど自宅ゲーム会 >>

2011/11/16 平日だけど自宅ゲーム会

2011.12.07 18:31 Wednesday | ゲーム会

定例会が終わったばかりではありますが、ますみちゃんが遊んでくれと言うので平日のお昼からゲーム会開催です。何故か結構人が集まりました。参加者はますみちゃん、ABBさん、hataさん、ksさん、dj、遅れてnaoさん、chagaさん、みぽりんの8人です。

ゲームリスト
・グレンモア
・グラフィティ?
・The City
・ネズミのパティシエ
・LIXO?
・ぴっぐテン
・悪魔城への馬車
・バン!
・究極の人狼
・数エーカーの雪
・ルーンエイジ
☆第1戦「グレンモア」13:30-15:40

グレンモア
まずは5人が集まって「グレンモア」からスタート。1年半ほど前に山形で1回プレイしたきりだったので超久しぶり。
円上に配置されたタイルをとって、自分の街に配置していくゲームです。すぐ近くにあるタイルをとってもいいし、先の方のをとってもいいけど、そうすると手番がずっと回ってこないよーっていうシステム。以前遊んだ時は、終盤に勝負をかけて先の方のタイルを取得したら、次の手番が回ってくる前にゲームが終わっちゃってあららっていうw

獲得したタイルを置く場所に制限があったり、配置したらそのまわりにあるタイルの効果も発動されるなど、ルールがちょっとややこしい。でもやってることはタイルとって置くだけっていうシンプルさ。うまく組み立てられてるシステムのゲームでした。

1位 62点 ABB
2位 45点 hata
3位 37点 ks、dj
5位 36点 ますみちゃん

相変わらず失敗して下位に沈むも、十分楽しめました。これはまた遊びたい。トップ独走はABBさんでした。


☆第2戦「グラフィティ?」15:45-16:20

通常のグラフィティとはちょっと違ったルールを採用。以前山形で遊んだ同人ゲーム(タイトル失念)を真似て、○と直線しか使っちゃいけないっていう縛りで遊んでみました。写真撮り忘れちゃったけれど、これはこれで面白い絵が出来上がっていい感じ。

1位 6点 ks、hata
3位 2点 ますみちゃん、dj
5位 0点 ABB

さすがks画伯と言ったところでしょうか。


☆第3戦「The City」16:30-17:15

The City
hataさん大プッシュの「The City」再戦です。簡易サンファン。
なんだかんだで2枚しか入っていない11のカードが強すぎです。他にも勝ち筋があるんだろうか…。

1位 70点 dj
2位 65点 ks
3位 64点 hata
4位 36点 ますみちゃん
5位 31点 ABB

序盤の展開で差が付いたら逆転が不可能っぽいのは相変わらず。


☆第4戦「ネズミのパティシエ」17:20-18:10

ネズミのパティシエ
ドイツで買ってきたカードゲーム。なんとなーく見覚えがある箱絵だなーとは思っていたのですが、日本に戻ってから調べたら「ネズミのパティシエ」でした。原題と全然違うから気がつかなかったよ…。
さて、困るのは和訳です。比較的最近発売されたタイトルだけに公開訳がありません。さて、どうしようかなーと思っていたら、hataさんが和訳してくれました。

場にプレイヤー数+1枚のカードを出します。各プレイヤーは手札から1枚選んで伏せて前に置き、せーので表向きに。カードにかかれたコインが一番多かった人が勝ちで、場から2枚選んで手札に入れます。そのかわり、プレイしたカードは場に出されます。これをコインの多い順にやります。手札の中で役が出来たら表向きにして得点します。
ちょっと変わった手順で毎回1枚ずつ手札を増やしていくっていう感じ。もっとも、場に出されたカードが確実にもらえるのはコインで勝った人のみなので、他の人がどんなカードを出してくれるかにかかってます。

これ以外に助手カードが7枚あります。この助手カードは得点する際などの手助けになる他、コインで同点だった場合の勝ち負け判定にも使われます。はじめに1枚ずつ配られ、1プレイ終わる度に隣へまわしていきます。いい助手のいるところで高得点を狙いたいところ。

軽いカードゲームですが、なかなかもどかしい感じがしました。コインで負けて、欲しいカードを目前で取られガッカリ、みたいな。逆に前の人がおいしいカードを置いてくれたりなんてこともありますけどね。

1位 30点 ks
2位 24点 ますみちゃん
3位 21点 hata
4位 18点 dj
5位 16点 ABB

絵はかわいい感じですが、うちの天井裏にリアルねずみがいることが発覚して…。


☆第5戦「LIXO?」18:20-18:50

LIXO?
またまた登場の「LIXO?」です。リサイクルゲーム。僕的にはリサイクル出来ないゲーム。

1位 13点 hata
2位 6点 ks
3位 -4点 ますみちゃん
4位 -7点 ABB
5位 -13点 dj

日本語の読み方、教えてください。


☆第6戦「ぴっぐテン」

ぴっぐテン
chagaさんとnaoさんが来て7人になりました。もうすぐみぽりんも到着するって言うので、も1つ軽いカードゲームで場つなぎ。そんな時に好都合なのが「ぴっぐテン」です。時間かからないしね〜。

1位 25点 ますみちゃん
2位 12点 ks、ABB
4位 10点 hata
5位 9点 nao
6位 6点 dj
7位 5位 chaga


☆第7戦「悪魔城への馬車」-20:45

悪魔城への馬車
みぽりんが来て8人になりました。2卓にわかれようか迷いましたが、久しぶりに「悪魔城への馬車」を全員で遊ぶことになりました。

4vs4のチーム戦、しかも仲間は誰かわからない。そんなカードゲーム。最初は適当な人に狙いを定めて攻撃をしかけます。勝てば相手の正体を教えてもらえます。負け続けるとみんなに見られただけの情弱になってしまうのですが、自分の正体を知っている人がその後、攻撃側、防御側のどちらの援護にまわったかなどの行動によって、なんとなーく見えてくるのです。

最終的には各チーム必要なカードを集めて勝利宣言すればゲーム終了となります。

勝ち
 ABB、ks、ますみちゃん、hata
負け
 dj、みぽりん、nao、chaga

chagaさんと同じチームになると何故か勝てないジンクスがまたも繰り返されました!


☆第8戦「バン!」20:55-22:45

バン!
大人数パーティー系ゲームが続きます。次は「バン!」

ABBシェリフに疑われまくりのksヴァイスが大活躍。シェリフは死にそうになってはビール飲ませてもらって回復の繰り返し。chagaレネゲイドがねばるものの、シェリフ側の勝ち。っつーか、ksさんの勝ち。

勝ち
 ABB(シェリフ)
 nao(ヴァイス)
 ks(ヴァイス)
負け
 hata(アウトロー)
 dj(アウトロー)
 ますみちゃん(アウトロー)
 chaga(レネゲイド)
 みぽりん(レネゲイド)


☆第9戦「究極の人狼」

究極の人狼
も1つパーティ―系、「究極の人狼」です。2回遊びました。例によって司会はhataさん。

1回目
予言者ABBさんがまだ予言もしてないのにますみ人狼を見抜きつるし上げに成功。1人になっちゃった人狼側がめっちゃ不利な展開。しかし、何とかうまく誤魔化してハンターks、村人みぽりん、人狼djの3人になるまで生き残る。ハンターksが最後に下した判断は…、

○ 人狼 dj
○ 人狼 ますみちゃん(2日目の昼、リンチで死亡)
× 予言者 ABB(2日目の夜、人狼に喰われる)
× ハンター ks(最後まで生き残るが人狼に喰われる)
× 村人 chaga(3日目の夜、人狼に喰われる)
× 村人 nao(1日目の夜、人狼に喰われる)
× 村人 みぽりん(4日目の昼、リンチで死亡)


2回目
初回で大逆転したものの、続けて2回はもう無理。あっという間にリンチにかけられて死亡。みぽりん1人ではどうしようもなく、村人側の圧勝。

× 人狼 dj(2日目の昼、リンチで死亡)
× 人狼 みぽりん(3日目の昼、リンチで死亡)
○ 予言者 nao(2日目の夜、人狼に喰われる)
○ ハンター ますみちゃん
○ 村人 ks(1日目の夜、人狼に喰われる)
○ 村人 ABB
○ 村人 chaga


という感じで今日はここまで。解散!


と思いきや、何故か数名居残って…


☆第10戦「数エーカーの雪」

数エーカーの雪
居残ったのはhata、ks、ABB、そしてdjの4人。でもみんな半分寝てたり…。

ぐだぐだした雰囲気の中、じゃあ「数エーカーの雪」でもやる?って話になりました。でもプレイするってよりはちょっと研究。いろいろやってみた結果、フランス有利なんじゃない?って結論に。でも、ネットではイギリス有利派が多いんだよなあ。なんでだろ?確かにイギリスの方が早く軍事力が整いますが、フランスの領土拡大スピードってめっちゃ早い。何より、フランス側は簡単。領土拡大なら慣れてない人でもすぐ出来ます。それに比べるとイギリス側はいろいろ大変そう。本当にイギリス有利なんだろうか?


☆第11戦「ルーンエイジ」

ルーンエイジ
すっかり朝ですが、折角だから何か遊ぼうってことになりhataさんが取り出したのが「ルーンエイジ」です。ドミのシステムを流用してるって点では数エーカーの雪と同じですが、こちらの方がよりドミより。ドミよりも無駄に要素が増えてややこしいったら…。最大の売りは、プレイヤー同士が直接殴り合えること。でもこれがかなり微妙なルールに感じました。ってのも、殴りにいってもあんまりメリットないんですよね。逆に、殴られた方がデメリットが大きい。なのでゲーム中盤までは勝利条件を満たすべく、みんな平和に進行するんです。で、誰かが勝っちゃいそうって時にいきなりトップいじめが始まる。全員から攻撃されるのでトップはそのままゲームから脱落。そう、負け抜けもあるんです。

今回はなんとか持ちこたえた僕がそのまま勝利して終わりましたが、殴り合いの後半戦はいらないんじゃないかなーって思いました。別に殴られることが嫌なわけではありませんが、普通にそのままゲームが収束してくれた方が、また遊びたくなるよね〜って感じ。ダイスゲームのクォーリアーズとは別の意味でいろいろ大味な感じもしたしなあ。全体的にイマイチって評価でした。

勝ち dj


ってことで、今度こそ本当に終了です。振り返ってみると、カードゲームばっかだ…。みんなが帰ってからは本当にぐだぐだでよくわからない状況でしたw
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :