| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 11月定例会 | TOP | 2011/11/13 11月定例会&ゲーム二次会 >>

2011/11/05 エッセンでゲーム買ってきたから遊ぼうよ自宅ゲーム会

2011.11.24 14:50 Thursday | ゲーム会

以前のレポートがたまってますが、忘れない内に最近のから更新していきます。

エッセンから持ち帰ったゲームやら、ドイツ&アメリカアマゾンに注文しておいたゲームやらを消化するために一ヶ月ぶりに自宅ゲーム会を開催。ゲーム部屋の片方がまだ片付いていないので少々狭かったですがw

参加メンバーは、ks、hata、k、ナス、ave、ぴよちゃん、カンドリ、chaga、そしてdjの9名。

ゲームリスト
・トラヤヌス
・カミサド
・城の守り
・LIXO?
・The City
・クォーリアーズ
・おい、それは俺の魚だぜ!DX
・ビッグファイブ
・レーベンヘルツ
・カタン(テューリンゲンエディション)
・セット
・セベク
・数エーカーの雪
・サッカラ
・キャントストップ


☆第1戦「トラヤヌス」12:15-14:45

最初にhataさんとksさんが来まして、3人でトラヤヌスをやろうと準備していたところでkさんが到着。4人プレイになりました。

トラヤヌス
エッセンから持ち帰ったゲームです。日本でもHJからの販売が決定したようです。初回のロットはもう在庫がなさそうなので、日本に入ってくるのはもう少し先かな?フェルドの新作ということでとても期待していたゲームです。フェルドも自信作と言ってるとか…。

トラヤヌスとはローマ帝国の皇帝の名前。プレイヤーはトラヤヌス統治下のローマで権力をたかめていくのが目的です。ボード上では5つのアクションが出来ます。港は商品を出荷して勝利点を得る場所、広場は各種タイルを取得する場所、軍事は領土を拡張してタイルや勝利点を得る場所、元老院は支持者を増やしボーナス得点のためのタイルを得る場所、建設は勝利点を得つつ追加アクションを得る場所、です。もう1つ個人ボード上にトラヤヌスアクションというのがあり、これはトラヤヌスによるおまけアクションが得られます。

個人ボード
基本はこの6つのアクションをうまく組み立てて得点を稼いでいくゲームなのですが、そのアクションの選択方法がこのゲームの一番のキモとなっています。個人ボード上の円状に並んだ6つのエリアがあり、初期配置ではそこに2個ずつ木駒が置いてあります。2個のところを選んだらそこから右回りに1つずつ木駒を置いていきます。そして最後に木駒が置かれたアクションを実行出来ます。木駒の配置次第ではどうがんばっても選べないアクションもあります。文章だと説明がえらくややこしくなっちゃうなあ…。

また時間の概念があり、選んだ木駒の数だけ時間駒が進みます。時間駒はボード上にあり、1周すると1ラウンド終了。4周で四半期が終了し元老院における選挙、ボーナスタイルを誰が獲得するかが決まります。あと1手番あるだろうと思っていたら、もう回ってこなかったり、なんてことが起きます。さらにもう1つ。選んだアクションのところにトラヤヌスタイルがあり、かつ置かれた木駒の色が一致していた場合はこのタイルに書かれたアクションを行えます。

というように運要素はありません。強いて言うならボード上に置かれるタイルがランダムに配置されるだけ。基本は自分のボードの木駒をどう動かしてどういう順番でアクションしようかってことを考えればいいので一見ソロゲームのようにも感じられますが、ボード上は刻一刻と変化していくので、思った通りに行くとは限りません。そのへんが面白いところ。勝利点の稼ぎ方がいろいろあるため、作戦もいろいろありそう。もちろん、フェルドのゲームによくあるマイナス得点もあります。

1位 105点 dj
2位 100点 ks
3位 56点 hata
4位 28点 k

一部ルール間違えがありました。もしかしたらksさんの方が勝ってたかも。


☆第2戦「カミサド」

トラヤヌス中にaveさんとナスさんが到着。B卓で2人用のアブストラクト「カミサド」開始です。

カミサド
アブストラクトのゲームは苦手だしあまり人気もないのですが、このカミサドだけは何故かABC内で好評です。

カラフルな将棋盤のようなボードにはさみ将棋のような初期配置からスタート。自駒が相手側のラインまで達したら勝ち。駒はチェスにおけるクイーンのように縦横斜め、どこまででも進めます。ただし、動かせる駒が限定されます。先手の最初の手番だけはどの駒でも動かせますが、以降は動いた駒がとまったマスの色の駒しか動かせません。

ボードのデザインは妙な和風テイスト。もっとも日本人が見てもあまり和風とは感じませんが…。また、2戦目以降はゴールした駒がスモウプッシュという技を使えるようになります。これは目の前に相手の駒がいた場合、押し出すことが出来るという技です。だから何だって言う程度の技ではありますが、スモウプッシュという技名に妙に惹かれます。

勝ち ave
負け ナス

2人で延々と対戦してたみたいです。


☆第3戦「城の守り」15:20-15:50

城の守り
B卓。aveさん持ち込みの「城の守り」です。意外なことに短時間で収束するゲームでした。が、ちょっと不評…。

1位 69点 ナス
2位 60点 hata
3位 52点 ave
4位 39点 k


☆第4戦「トラヤヌス」2戦目

A卓では「トラヤヌス」の再戦です。僕とksさんは連続。経験値が物を言うゲームだ、と豪語していたksさんは3位に沈みました。僕は圧勝でしたけど。
ライトゲーマーのぴよちゃんが大健闘。順位こそ最下位でしたが、いいゲームをしてました。それに印象もよかったみたい。ゲーマーズゲームと言ってもいいこのゲームですが、意外と万人向き?
個人ボードでの駒の動かし方がマンカラっていう古典的なゲームに似ていると指摘されていましたが、そんなところが幅広い層に受け入れてもらえるのに一役買ってるのかな〜。

1位 144点 dj
2位 80点 ave
3位 73点 ks
4位 61点 ぴよちゃん


☆第5戦「LIXO?」

LIXO?
B卓ではエッセンで買ってきた最新カードゲームの「LIXO?」をプレイ。ゴミのリサイクルがテーマです。基本は競り。競りに勝てば、使用したゴミカードをリサイクル出来たことになり、ゴミ箱分の得点を獲得出来ます。しかし、負けてしまった場合、その競りに使ったゴミカードがマイナス得点になってしまいます。どこで勝負をしかけていくかが重要。簡単なルールで楽しめるゲームでした。

1位 20点 k
2位 -2点 hata
3位 -4点 ナス

2人もマイナスってw


☆第6戦「LIXO?」2戦目

1位 10点 ナス
2位 8点 hata
3位 3点 k

今度は全員プラスだったようです。


☆第7戦「The City」

写真撮り忘れてますが、これもエッセンで仕入れてきた最新カードゲームです。その名の通り、街を作っていくゲームで、システム的にはサンファンに酷似しています。詳しいレビューは後日のゲーム会レポートの時に書きます。

1位 56点 ナス
2位 35点 k
3位 15点 hata


☆第8戦「The City」2戦目

1位 78点 ナス
2位 61点 hata
3位 46点 k

2戦目。ナスさんの連勝でした。


☆第9戦「クォーリアーズ」

クォーリアーズ
カンドリ君が到着しましたが、A卓はまだトラヤヌス中なので、hataさん持ち込みの「クォーリアーズ」が始まりました。

1位 16点 カンドリ
2位 7点 hata
3位 6点 ナス
4位 1点 k


☆第10戦「城の守り」2戦目

トラヤヌスが終了したので、同じメンツで「城の守り」をプレイ。
先ほどのプレイで「微妙」という評価でしたが、実際遊んでみるとほんとそんな感じでした。あっという間にゲームが収束するのはいいと思います。ただいろいろ簡略化しすぎているというか、得点してもその実感がないと言う感じ。勝っても負けても淡泊な感じで、ゲームの世界観から置いてけぼりにされてる印象。プレイ時間が短ければいいってものではないんだなあ、と。

1位 55点 ave
2位 50点 dj
3位 49点 ぴよちゃん、ks


☆第11戦「The City」3戦目

chagaさんが到着して、「The City」の3戦目が始まりました。先ほど連勝したナスさんは4位に沈みました。カンドリ君のルールミスって何だ?w

1位 57点 chaga
2位 48点 カンドリ(ルールミス有り)
3位 45点 hata
4位 27点 ナス
5位 17点 k


☆第12戦「LIXO?」3戦目

A卓です。aveさんが帰宅して3人になったので、B卓が終わるまでのつなぎに3人で「LIXO?」をプレイ。

1位 11点 ぴよちゃん
2位 4点 dj
3位 -7点 ks


☆第13戦「オイそれは俺の魚だぜDX」

おい、それは俺の魚だぜ!DX
chagaさん持ち込みの「おい、それは俺の魚だぜ!DX」です。もっと安い日本語版が発売されていますが、これはデラックス版。ゲーム内容は一緒ですがコンポーネントが違います。ペンギンが豪華になってます。

セットアップでタイルを並べるのに多少時間がかかること以外は、とてもお手軽なゲームです。あっという間に終わります。

1位 32点 dj
2位 26点 k
3位 25点 ks
4位 13点 chaga


☆第14戦「オイそれは俺の魚だぜDX」2戦目

激しく論争中
続けてもう1戦。実力がそのまま反映されるゲームなのか?さっきとほぼ似たような結果。

1位 31点 dj
2位 27点 ks
3位 21点 k
4位 18点 chaga

chagaさんのオーナー効果は全く見られず!


☆第15戦「ビッグファイブ」

ビッグファイブ
エッセンで入手したクニツィアのカードゲーム「ビッグファイブ」です。クニークルなんて呼ばれ方をしてる通り、ルールはクワークルとほぼ同じ。微妙に違いますけどね。クワークルは点数を毎回メモっていくなりチップを使うなりしなければならないのに対し、クニークルの方は各自の山札を減らす方式。山札を無くした人が勝ちっていうスマートなルールになっているあたりは、さすがクニツィアって思いました。

もう一点、カードなので持ち運びはとても楽です。ちなみに僕が買ったのは布地にジッパーという仕様。普通の箱バージョンもあるっぽい。見た目はちょっとよさげだけど、収納のことを考えると普通の箱の方がよかったかも…。

カードなのでクワークルよりも持ち運びは楽だけど、タイルよりもカードの方が大きいのでプレイスペースは必要になります。

ま、後は明かなパクリゲーってところをどう評価するか、ですかね〜?

勝ち ぴよちゃん
負け hata、カンドリ、ナス


☆第16戦「オイそれは俺の魚だぜDX」3戦目

クニークルをプレイしたメンツで、魚を2戦続けてプレイ。

1位 25点 hata
2位 24点 ぴよちゃん、カンドリ
4位 22点 ナス


☆第17戦「オイそれは俺の魚だぜDX」4戦目

1位 28点 ぴよちゃん
2位 25点 ナス
3位 24点 hata
4位 20点 カンドリ

こっちでは順位が入れ替わってるな〜。と言うか接戦だな〜。


☆第18戦「ビッグファイブ」2戦目

勝ち dj
負け ks、chaga、k


☆第19戦「レーベンヘルツ」

軽いゲームが終わったところで、メンツをシャッフル。A卓では、chagaさん持ち込みの「レーベンヘルツ」です。

旧版レーベンヘルツ
以前遊んだ時に、これは名作だ〜と思いました。トイバーってカタンだけじゃなかったんだね〜。ちなみに旧版です。新版の方ではルールが簡略化されているらしい。競り部分がなくなってるとか…。それはそれでゲームのテンポがよくなるのかなーって。chagaさん、新版も買ってください!

この角度から見るといい感じ
陣取りゲームです。相手の陣地を奪うことで得点も奪えます。と言うことはつまり、逆転が起きやすいということ。劇的な展開もあり得ます。考えてみると結構攻撃的なゲームなのかな。

1位 33点 chaga
2位 28点 ぴよちゃん
3位 22点 ナス
4位 17点 ks

chagaさん、念願のオーナー効果発揮!


☆第20戦「カタン テューリンゲンエディション」

一方B卓では同じくトイバーのカタンを遊ぶことになりました。でもちょっと普通のカタンじゃないよ。

カタン テューリンゲンエディション
エッセンで買ってきたテューリンゲンエディションです。マップ固定、というか紙一枚です。2ユーロだか3ユーロだか忘れましたが、それくらいで購入してきたものです。端っこの方にルールらしきものが載っていますが、独語だったので思いっきりスルー。ごく普通のカタンのルールで遊びました。

1位 10点 k
2位 9点 hata
3位 8点 dj、カンドリ

接戦の結果、kさんの勝利!


☆第21戦「SET」

SET
kさんの希望で「SET」をプレイ。って言うか、インスト。iphoneアプリで購入したが、ルールがわからない、とのことだったので。ちなみに以前にも紹介しましたが、androidの方でもリリースされてます。僕もよく寝る前に遊んでますw


☆第22戦「セベク」

ksさんとkさんが帰宅。残り6人となったので、4-2にわけることになりました。A卓ではカタラの小箱ゲーム「セベク」です。

セベク
エジプトをテーマにしたほぼカードゲーム。不正をして有利に進めてって書くと「クレオパトラと建築家たち」を思い出しますが、クレオパトラ時代のエジプトってそんなに不正だらけだったのか??不正を働きすぎてワニに食われることはありませんが、マイナス得点はくらいます。

1位 90点 chaga
2位 87点 hata
3位 41点 ぴよちゃん
4位 38点 k


☆第23戦「数エーカーの雪」

数エーカーの雪
エッセンで買ってきたわけではないけれど、エッセンでふうかさんに勧められた勢いでホテルから米密林に注文してしまった「数エーカーの雪」です。ワレスがドミニオンのデッキビルドのシステムを使って全く違うゲームを作ったぞ、と。しかも2人用なのに結構大きな箱で、値段もそれなりっつー、興味はあるけれどちょっと手を出しにくいなーって思ってたゲームです。今回見事に後押しされてしまいましたがw

勝ち 39点 カンドリ(フランス)
負け 33点 dj(イギリス)

結構ルールの量が多くて、カードも言語依存したりと決してプレイしやすいというわけではなかったのですが、うん、確かにこれは面白いかも。軍備増強して攻めていくのが楽しくなって、終了条件とか全く覚えてなかったおかげで負けちゃいましたけどw


☆第24戦「LIXO?」4戦目

やたらと長引く2人用ゲームがなかなか終わらないので、A卓では「LIXO?」の、えー、もう4戦目か!
あ、ksさんが帰宅して3人になってます。

1位 -12点 hata
2位 -15点 k
3位 -23点 chaga

っつーか、全員マイナスってw


☆第25戦「LIXO?」5戦目

続けて5戦目。これだけ繰り返し遊ばれていると、いいゲームっぽく見えるかなw

1位 4点 chaga
2位 3点 hata
3位 -9点 k


☆第26戦「サッカラ」

kさんが帰宅して2人になりました。hataさんが山形でゲットした「サッカラ」をプレイ。

サッカラ
僕はカンドリフランス軍を攻めるのに忙しく全く見てませんが、hataさんが勝ったようです。

勝ち hata
負け chaga


☆第27戦「キャントストップ」

キャントストップ
2つの2人用ゲームが終わったので、最後に4人で軽いゲームを遊ぼう、と。で、「キャントストップ」です。

カンドリ君以外の3人で争うゲームでした。最終的には僕の勝ち。

勝ち dj


☆第28戦「キャントストップ」2戦目

今度こそ本気を出す、と言うカンドリ君のためにもう1戦だけ遊んであげることになりました。

勝ち カンドリ

はいはい、おめでとうw



今回はこれにて終了。主にエッセンで仕入れてきたゲームを中心に遊びました。「トラヤヌス」はめっちゃ面白かったです。先手が有利すぎる、とかいろいろ指摘されはじめているようですが、それだけ人気があるってことかなあ。よく出来てていいゲームだと思います。「LIXO?」もタナカマさんがお勧めしてただけあって、手軽に楽しめるいいゲームでした。ちょっとした合間に遊べるので重宝しそうです。「ビッグファイブ」はまんまクワークルです。ABCでは何故かクワークルの評判がイマイチなこともあってか、このゲームも微妙な空気でした。僕はそれほど悪いとは思いませんでしたけど。「The City」は後日のレポートにまわすことにします。
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :