| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 2011/07/08 自宅ゲーム会 | TOP | ドイツアマゾンのすごい箱 >>

2011/07/09 自宅ゲーム会

2011.07.16 11:09 Saturday | ゲーム会

週末土曜日の用事があいたので、ゲーム会やるよと声をかけてみたところ、意外と多くの方に集まっていただけました。最近毎週ゲームやってるな〜w
参加メンバーはhataさん、ksさん、ナスさん、rinrinさん、カンドリ君、ABBさん、Kさん、Tさん、そしてdjと総勢9名!

ゲームリスト
・K2
・ラングフィンガー
・カタン
・ゲキシンK.O.
・ドミニオン
・盗賊の親方
・ニムト
・MOW
・究極の人狼
・インコグニト
・もっとホイップを
・ロンドン
・バン!
・キーラルゴ
☆第1戦「K2」13:30-15:10

まずはナスさんが到着。その後、hataさんとksさん、そしてrinrinsさんも到着して5人となりました。

K2
で、最初のゲームがコレ。「K2」という山登りゲーム。K2とはエベレストに次いで世界で2番目に高い山の名前。奥地にあるため名前がついていませんでしたが、他の山と一緒に測量番号がK1、K2…とつけられ、このK2だけはそれがそのまま山の名前となったそうです。遭難者が多く出ており、エベレストよりも難易度が高いそうな…。

そんな山、K2に登ってやるぜ!っていうゲームです。ちなみにいくつかの難易度が選択出来るようになっています。夏山、冬山、そして天候…。さらに5人ゲームにおいては、山頂付近における1マス内に何人とどまれるか、という人数も選択出来ます。

ま、この手の難易度設定の時はお約束ですよね…。荒天の冬山、山頂付近の人数制限も厳しいという、まさしく最高難易度で遊んでみました!!

マニュアルの「初めて遊ぶ時は…」の項目、ガン無視です!

登山はベースキャンプから始まります。各々登山者駒を2つ持っており、どちらを動かしてもいいし、両方動かしてもいい、というルール。動かし方はカード次第。全員同じデッキを持っておりそれをシャッフルして山札とします。6枚ひいて手札とし、その中から3枚を選択。その3枚が1ターン=1日で使うカードです。次の日には3枚補充して6枚とし、その中からまた3枚を選びます。カードが出てくる順はランダムとは言え、全員状況は同じってことですね。

このカードの中にはHP回復というか、英気を養う的なカードも含まれています。仮にHPとしておきましょうか。登山者はHP1からスタート。HP回復のカードを使えばその分数値があがります。また、登山者がいるマスもHPを上下させます。ベースキャンプをはじめ、比較的下の方にいればHPが1回復。ただし、上の方に行くとHPが-1になったり、-2になったり…。そんな極悪環境にはテント。テントを設置したマスに入れば、+1補正がかかります。

登頂に成功したら終了ってわけではなく、まずは生き残ることが先決。18ターン=18日間生き延びれば、登った高度に応じて得点がもらえます。もう無理だー、と思ったらとっとと下山して体力の回復をはかる、と。ちなみにHPが0となって死んでしまった登山者は亡骸がベースキャンプに戻り、お情けとして1点だけもらえます。

そうそう。日毎に天気がかわります。何日か先までの天気は公開情報となっています。びっくりするほど正確な天気予報で、絶対ハズレません。しかも、高度何mから何mの間にいると、HPが減るよ、ってな細かいところまでピタっと当たります。あと、移動にかかる歩数が増えたりとかね。

ま、そんな感じでゲームスタート!

とりあえず最初の内は徐々に登りつつ、下の方でHPを回復させます。HPのゲージは10くらいまでありますが、どんなにあげてもターン終わりに6まで戻されてしまうというルール。と言うことで、まずはHPを6にするのが目標。

中腹に来ると、ルートが枝分かれします。片方は移動距離があるもののHPの減りが鈍い、もう片方は距離が短いもののHPの減りが激しいルート。僕は後者を選択しました。

山頂付近
K2ってなんかすごそうな山みたいだけど、みんな楽勝で登っていきます。で、あっという間に山頂付近に到達。何かぬるくない?ってな声がちらほら…。しかし、落とし穴はその山頂付近にありました。

このあたりのマスには厳しい人数制限があるのです。通過する分には問題ありませんが、ターン終わりで留まるのはNG。特に山頂付近は1人しか入れません。5人x2=10人で登ってますから、当然のごとく、大渋滞が発生します。登るに登れません!ちなみに下山する方は比較的楽に出来るようになっています。早くどけ!場所あけろ!何しろ、このあたりはHPの減りが激しいんです。テントを使ってもどんどんHPが減っていきます。そのへんはカードで補うわけですが、HP回復カードが出ない!!

何て言いますか、これって天災というよりは人災なんじゃ…。そんな気がしないでもないですが、早速1人死にました!!

ベースキャンプ
その後、rinrinさんの登山者も2名とも死亡。悲しみに暮れるベースキャンプの遺体安置所。

結果です。

1位 18(10,8)点 ks
2位 14(10,4)点 hata
3位 12(7,5)点 ナス
4位 8(7,1)点 dj
5位 2(1,1)点 rinrin

登頂に成功した(要するに下の人を邪魔してた)のはksさんとhataさん。ksさんはもう1人の登山者も山頂付近まで行っており、ダントツトップでした。僕は1人目が死亡し、2人目でリベンジしましたが時間切れで4位。rinrinさんは言わずもがな…。

失敗しておいて何ですけど、最高難易度でこの結果って、やっぱりちょっとぬるいような気がしないでもないです。あ、ゲームは面白かったですよ!


☆第2戦「ラングフィンガー」15:35-16:30

5人で遊べるゲームってことで、「ラングフィンガー」が選ばれました。お手軽ワーカープレイスメント。定例会で遊んだ経験のあるhataさんにインストをお願いしました。

ラングフィンガー
ワーカープレイスメントのゲームって重たいっていうイメージがあるようですが、僕はあまりそう思わないんですよね。むしろその逆で、いろいろやらなくちゃいけないことがあるのに、ワーカーを配置するだけでいいっていう単純化するためのシステムがワーカープレイスメントだと思っているので。つまり、このシステムを使わなかったらもっと重たくなっちゃうよ?ってなことを言いたいわけですが…。重たいからシステムで少し軽減しようってことだから、やっぱり重たいじゃん、と言われればその通りですw

んでこれは、その中にあってとっても軽いと言われているゲーム。確かに箱もボードもやたらとちっこいので軽そうではあります。ただ、言われてるほど軽くもなかったかな〜。インスト込みとは言えなんだかんだで1時間くらいかかっちゃってますし、それくらいの時間で終わるワーカープレイスメントは他にもあるでしょ。何が言いたいかって言うと、ちゃんとゲームになってますよってことなんですけど…。

さて、ゲームの内容はアイテム集めて泥棒してうっぱらう、ってことです。アイテム集める場所、盗みに入る場所、盗品を売りさばく場所があるわけですね。アイテムや盗品はカードで処理されます。アイテム収集所にはカードが並べられ、ワーカーを配置した順にそのアイテムカードをもらえるようになっています。集めたカードで今度は盗みに行きますが、そこにも盗品が並べられており、どのアイテムカードを持っていれば盗めるかが書かれています。ワーカーの順が後ろの方だと、先に盗まれてしまって、残りの品はカードが足りなくて盗めない〜ってなことが起こります。盗品売り場も似たようなもの。どんな盗品を売れますよって指示されたカードが置かれてて、後手番の人は売れないよ〜ってなります。

つまりどの場所に於いても先手が有利であり、どこを優先させるべきかが重要。

あ、でも大雑把なところとして、盗品のカードによる得点はランダムだったりします。売りさばいた時に盗品カードを裏向けますが、そこに点数が書かれてまして、うわ、低!ってことになったりw

1位 24点 rinrin
2位 20点 ks
3位 16点 ナス、hata
5位 14点 dj

んーと、登山失敗仲間のrinrinさんが遠くへ行ってしまったなーって印象…。


☆第3戦「カタン」17:00-18:40

ここでhataさんが一時退出し、ABBさんを迎えに行きました。帰ってくるまで約1時間程度かな?それくらいで終わる4人ゲームで「カタン」を遊ぶことになりました。使用したのは15周年記念版。持ち歩くにはちと重いけれど、家で遊ぶ時にはちょっと贅沢気分が味わえるしね〜。

ってタイルを並べていたら、カンドリ君登場!

がーん!何て間の悪い…。来るなら来るって連絡くれれば、5人用のゲーム用意してたのに〜。もうマップ並べ始めちゃったよ〜!

15周年記念版カタンのデメリットとして、片付けるのがちょっとめんどくさいってのがあります。ただし、メリットとして5-6人拡張セットが同梱されていることがあります!おし、じゃ、このまま5人でカタンやろうってことになりました。

カタン5人戦
正直なところ、カタンの5人戦はあんまりいい印象がありません。人数が増えたことによりダウンタイムが長くなってしまうのです。また5人だとマップが広すぎて、ちょっとぬるい感じにもなります。かと言って6人で遊ぶとさらにダウンタイムが長くなるわけで、やっぱりカタンは4人限定ゲームなんだなー、と。

とは言え久しぶりの5人戦ですし、5-6人拡張を使う機会も滅多にありませんからたまにはいっか!

で、そのカンドリ君が絶好調です。ナスさんが持ってる道賞をカンドリ君に奪われたらゲーム終了。それをなんとか阻止するために、必死にナスさんを支援。道賞はキープ出来たものの、カンドリ君がそのまま着実に開発していってゲームエンド。

1位 11点 カンドリ
2位 9点 ナス
3位 7点 ks、rinrin
5位 6点 dj

あんなにがんばったのにビリだったよ!

☆第4戦「ゲキシンK.O.」17:45-18:05

カタン中にhataさんとABBさんが到着。カタンが5人になっちゃったから、時間がのびてたんです。

ゲキシンK.O.
で、hataさんが常時携帯してる2人用ゲーム、「ゲキシンK.O」です。

hata ○ - × ABB
頭部への回し蹴り

hataさん、お見事。


☆第5戦「ドミニオン」18:30-18:50

多分僕ががんばりすぎてカタンを長引かせていたので、今度は「ドミニオン」です。

1位 36点 hata
2位 18点 ABB

hataさん、お見事w


☆第6戦「盗賊の親方」19:00-20:30

さて、7人となりました。ここでカンドリ君が以前からやりたいやりたいと言っていた「盗賊の親方」の登場!

盗賊の親方
あー、このゲームも久しぶりだな〜。何度も遊んでいますが、未だに赤いルビーをとったことがありません。今度こそは!

1位 15点 hata
2位 14点 dj
3位 13点 ナス
4位 12点 カンドリ
5位 10点 ks
6位 7点 rinrin
7位 2点 ABB

hataさん、お見事!僕もルビーをゲット出来て満足でした!


☆第7戦「ニムト」20:40-20:55

さらに7人ゲームが続きます。次は定番の「ニムト」ですが、プロフェッショナルルールを採用。

乳頭で初めて知ったルールです。日本語箱のニムトには書かれているようですが、公開訳には書かれてなかったんですよね〜。どんなルールかって言うと、出したカードが場札の右側(数字が大きい方)だけではなく、左側(小さい方)にもつきます。つまり、数字の大小にかかわらず、近い数字のところにつきます。通常ルールに輪をかけて予想が困難!

最初はちょっとややこしいですが、こっちの方が面白いですね。ニムトに飽きちゃった方は是非。

で、結果です。この手のゲームはナスさんとABBさん、うまいな〜。僅差の1-2フィニッシュでした。と言っても、みんな結構僅差ですよね。

1位 6点 ナス
2位 7点 ABB
3位 13点 カンドリ
4位 14点 ks
5位 15点 dj
6位 16点 hata
7位 30点 rinrin

うん、rinrinさんが定位置って感じがする。


☆第8戦「MOW」21:00-21:35

KさんとTさんがもうすぐ来るらしい。ではそれまでの時間潰しで「MOW」もやろうよ〜、と。

MOW
個人的にはこっちの方が好みです。カードとっちゃいけないっていう点ではニムトと一緒。

Kさん、Tさんが到着したので1回で終了!これもニムト同様、割と僅差でした!

1位 15点 ks、カンドリ、ナス
4位 23点 dj
5位 24点 ABB
6位 26点 hata
7位 30点 rinrin

うん、rinrinさんが定位置って…

そんなrinrinさんにはお弁当の買い出しに行ってもらうことになりました。よろしくです!
そしてナスさんが帰宅。お疲れ様でした。


☆第9戦「究極の人狼」21:40-23:00

2人増えて2人減ってまた7人。2卓にわかれるか微妙なところが続きますが、rinrinさんがもうすぐ帰ってきますし、もうしばらく1卓で遊ぶことに。そんな時は「究極の人狼」です。司会進行役は例によってhataさんが担当。

人狼1
今回のキャラ構成。前回と同じですね。ハンターがいます。

第1戦
○ 人狼 ks
○ 人狼 カンドリ
× 予言者 K(2日目の夜、人狼に喰われる)
× ハンター ABB
× 村人 T(3日目の夜、人狼に喰われる)
× 村人 dj

ksさんとカンドリ君のコンビにやられました。2人とも演技がうますぎ。確実に予言者を襲い、誤射の可能性があるハンターは避けるという絶妙っぷり。


第2戦
○ 人狼 ks
○ 人狼 カンドリ
× 予言者 ABB(2日目の夜、人狼に喰われる)
× ハンター T
× 村人 dj(2日目の昼、リンチで死亡)
× 村人 K

続く第2戦もks、カンドリコンビの人狼という…。で、こいつらまた人狼だよ!って主張したにもかかわらず、リンチされて死ぬ僕…。相変わらず的確に予言者食われてるし、人狼側の完璧勝利でした。


rinrinさんがお弁当を持って帰ってきました!
ってことで、食事しながら人狼の続きです。むしろ早く死んだ方がゆっくりご飯が食べられるという…。

人狼2
1人増えたので村人側に「呪いをかける者」を追加。毎晩誰かに呪いをかけます。呪われた人は翌日、会話に参加出来ません。


第3戦
× 人狼 ABB(3日目の昼、リンチで死亡)
× 人狼 T(2日目の昼、リンチで死亡)
○ 予言者 dj(3日目の夜、人狼に喰われる)
○ ハンター rinrin
○ 呪いをかける者 ks(2日目の夜、人狼に喰われる)
○ 村人 K
○ 村人 カンドリ

ご飯食べるのに忙しかったからでしょうか。一番印象に残っていないゲームですw
新キャラ「呪いをかける者」はあっという間に人狼に食われて活躍出来ず…。でも着実に人狼をリンチにかけて村人側の勝利でした。


第4戦
× 人狼 dj(2日目の夜、ハンターの凶弾で死亡)
× 人狼 rinrin(2日目の昼、リンチで死亡)
○ 予言者 K
○ ハンター カンドリ(2日目の夜、人狼に喰われる)
○ 呪いをかける者 ks
○ 村人 T
○ 村人 ABB(2日目の昼、呪いをかけられて一言も言葉を発せず悶絶(笑))

カンドリ君が久々のハンター宣言。今回人狼となった僕はそのカンドリ君の誤射を期待して、予言者よりもハンターのカンドリ君を食います。が、忘れてました。彼は毎回僕を撃つんです。残ったrinrinさん、必死に抵抗するもバレバレであっさりリンチにかけられ、村人側の勝利でした。
そうそう、新キャラの活躍によりABBさんがしゃべれなくなり悶絶してました。なるほど、こういう効果があるのかw


☆第10戦「インコグニト」23:10-24:55

さて、8人なので予定通り2卓にわかれます。まずB卓の方が先に決定しました。時間がかかりそうな「ロンドン」です。で、A卓の方はコレ。

インコグニト
hataさんお気に入りの「インコグニト」です。

僕はロンドン卓だったので詳しいことはわかりませんが、ルール解釈でちょっともやもやしてたようです。仲間が見つかってミッションが判明した時のこと、例えば大使駒を○○のマスへ移動したら勝ち、という勝利条件の時に、既にその○○マスに大使駒がいたらどうなるのか…。「移動したら」と書かれている以上、一度他のマスに移動しなければいけないという解釈も成り立ちはしますが、そのへんは言葉の綾とも考えられ、手番が回ってきた時に条件達成と見なすことも出来なくはないなー、と。どうなんでしょうね?ちょっと珍しいケースだとは思いますが、ご存じの方がいましたら教えてください。

今回は勝利宣言ミスってことで決着したみたいです。

○ rinrin(フィドルボトム卿)、hata(バブル大佐)
× カンドリ(Mr.X)、T(マダム・ザザ)
(Tさんの勝利宣言ミス)


☆第11戦「インコグニト」2戦目24:55-25:50

B卓の「ロンドン」はまだまだ続いています。先ほどのゲームがもやもやしちゃったのもあり、続けてもう1戦インコグニトをプレイすること。

× T(フィドルボトム卿)、hata(バブル大佐)
○ カンドリ(Mr.X)、rinrin(マダム・ザザ)
(hataさんの勝利宣言ミス)

って、また勝利宣言ミスで終わってるしw


☆第12戦「もっとホイップを」26:00-26:15

ここでrinrinさんが帰宅。でもB卓の「ロンドン」はまだ続きます。もうすぐ終わりそうなので、時間のかからないゲームで時間調整。

もっとホイップを
「もっとホイップを」です。フルーツピザを切り分けるゲーム。嘘です。ピザじゃありません。ケーキです。でもタイルの厚みから言ってめっちゃピザっぽいw

1位 44点 hata
2位 43点 カンドリ
3位 25点 T

ピザをたらふく食べたhataさんの勝利。(だからピザじゃないってば)


☆第13戦「ロンドン」23:10-26:10

ロンドン
んで、B卓の「ロンドン」です。ABBさんとKさんは初ゲーム。僕とksさんは2回目です。

やっぱり面白いです。ただ、時間がかかります。カードをじーっと見てる時間が長くなります。僕は2回目だったの割と長考せずにすんだのですが、そうなるとかえってダウンタイムがめっちゃ長く感じられます。これさえなければいいゲームなんだけれどな〜。多分、全員が経験者で慣れてきたらもっとさくさくなんでしょうね。

1位 61点 ks
2位 60点 dj
3位 29点 ABB
4位 13点 K

ksさんと僕の一騎打ちって感じでした。最後の得点は1点差の好ゲーム。前回から比べると得点が倍増してることから、そういう意味でもゲームに慣れてきたかなって感じ。ちょい複雑なゲームではあるので、やっぱり経験の差が出てしまうゲームですね。

ここでKさんが帰宅。一緒に来たTさんはそのまま残ることになりました。


☆第14戦「バン!」27:15-30:50

6人となったので再び1卓になりまして、「バン!」の登場です。

バン!
人狼同様、何度も繰り返し遊んでしまうゲームです。例によって何度繰り返したか覚えていません。記録もとっていません。こんなに繰り返し遊ぶなら、と先日拡張版も入手しました。次に遊ぶ時には記録とっておこうかな…。



☆第15戦「キーラルゴ」31:00-32:35

バン!終了後、ABBさんが撃沈。寝始めます。残った5人で何を遊ぼうかと悩んだ挙げ句に出てきたのがコレです。

キーラルゴ
「キーラルゴ」という海に潜ってお宝をとってきて売りさばくゲーム。

このゲームを買ったのは数年前のことです。その当時にも遊んだことがあったのですが、3人プレイだったせいかあまりぱっとした印象がありませんでした。ただコレはバッティングの要素がとても強いので、絶対5人で遊んだ方が面白いだろう、とプレイ機会をうかがっていました。果たして、もやもやしていた印象は払拭されるのか?

全部で何ターンだったかな?10ターンくらい?1ターン=1日です。プレイヤーは午前と午後のアクションをカードを使って選択します。同じカードはないので午前と午後に同じ行動は出来ません。

アクションの種類は全部で5つ。アルバイトしてお金をためる(ついでにちょっとよさげなカードもらえちゃったり)、道具屋さんで潜水のための装備購入、酒屋に行ってダイバー雇ったり情報仕入れたり、海に潜ってお宝探し、お土産屋さんでとってきた財宝を売る、以上です。

面白いのがバッティング要素。例えば道具屋さん。この場所を選択したプレイヤーの人数によって、道具の価格が変動します!たくさん来ちゃうとなぜか価格が急上昇。お土産屋さんで財宝を売る時も似たような感じです。ただし、財宝の種類によって、人が多い時に高値がつくものと、その逆のものがあったり…。

海に潜る
海はバッティングというより早い者勝ちです。潜るポイントが何カ所もあって、それはカードの山で表現されます。海の深さによって3種類のカードがあり、それぞれさらにいくつかの山があります。深いところに潜るためにはそれ相応の装備が必要となります。ただし、深い海には魔物、モンスターが住んでいてダイバーを襲います。飲み屋に行ってお金を支払えば、情報提供、つまり海カードの山2つの中身をあらかじめ見ることが出来ます。どんな価値のお宝が眠っているかも見ることが出来ます。見た後はシャッフルして戻すので、いつモンスターが出てくるか、まではわかりませんけど。

ダイバーとお金
この手のゲームではみんな同じよう手順を考えてしまい、結果バッティングして「きゃー」となるわけで、僕はそれを避けるため、道具屋よりも飲み屋さんを選択。ダイバー2人体制にします。みんなが高い道具を買って海に潜っている間、1人で道具屋に通って装備を調えます。

と、このへんまではうまくいってたさ!でもこの後がまずかった。ちょっと深い海に潜ったら、出たんですよ、モンスターが!でもカンドリ君は信じてくれません。こんな綺麗な海にモンスターなんかいない!、と。

ま、この後カンドリ君もモンスターに食われるんですけどねw

折角お金をかけてダイバー2人体制にしたというのに、装備品もろとも失ってしまい超がっかりな展開。海、怖い!もしかして、毎年潜りに行ってる男鹿の海にもモンスター出るのかな?今年は行くのやめようかな…。

1位 $1,690 hata
2位 $1,300 ks
3位 $1,230 カンドリ
4位 $1,080 dj
5位 $1,060 T

モンスターのせいで結果は散々でした。勝ったのはhataさん。なんかすっごいお宝、たくさん持ち帰ってたよ!

いや〜、やっぱり5人だと面白いですね。以前遊んだ時とは印象ががらりと変わりました。いっつもバッティングしまくるksさんを見てるだけでも面白かった!なかなかいいゲームじゃないですか〜。

爆睡中だったABBさんを起こして、今回のゲーム会は終了です。また次回〜〜。
author : dj | comments (6) | trackbacks (0)

Comment

是非是非。
その前に、来週日曜日、今年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネート作のゲーム会をやります。
dj | 2011/07/17 09:35 PM
休みが合えば、バン!がっつりやる日に参加希望(笑
K | 2011/07/17 08:41 PM
人狼系ではレジスタンスも入手したよ〜。
けもぱには、カンドリ君の担当だよ?w
dj | 2011/07/17 03:54 PM
バンの拡張買ったのなら
ぜひ、バンと人狼をガッツりやる日をつくってほしいですねw
カンドリ | 2011/07/17 03:38 PM
あれ?お仕事の都合だったんですか?
僕はてっきり…w
お休み教えてくれればセッティングしますよ?
dj | 2011/07/16 11:49 AM
仕事が、仕事が無ければ・・・orz
chaga | 2011/07/16 11:39 AM

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :