| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 竹製カードスタンド | TOP | 7月ゲーム会 >>

2011/06/25 マラソンゲーム会

2011.07.02 21:54 Saturday | ゲーム会

定例会から数えて今月5回目となるゲーム会が開催されました。最近は1-2ゲームだけ遊ぶっていうライトな開催が多かったのですが、今回はがっつりっつーか、いやもうこんなことになるとは…。プレイ時間の目安としてゲームタイトル横に時刻が書かれているので、その数字を見るだけで笑えるんじゃないかな。

そもそもスタート時刻が早かったんですよ。13時開始予定でしたが、10時開始となりました。あ、いえ、早くしたのは僕なんですけど…。ゲーム会の前日ってなかなか眠れなくていっつも寝不足になっちゃうんです。このところ朝になってから寝る生活だったので、今回は早めに寝ようとがんばってみました。そしたら、体が昼寝と勘違いしちゃったのか妙に早起きしちゃいまして…。朝6時頃寝る奴が、8時起床ってどんだけ生活乱れてるんだ、と。ま、遠足前で眠れない小学生並です。

そんなこんなで、早起きしちゃった旨をhataさんに伝えると、元々早起きのhataさんはとっくに起きてまして、10時開催の方向で調整してくれました。

今回の参加メンバーは、hataさん、ナスさん、chagaさん、カンドリ君、luckさん、rinrinさん、ABBさん、ksさん、そして僕と総勢9名。入れ替わりも多かったんですけどね。


ゲームリスト
・ブルゴーニュ
・ルッカチッタ
・究極の人狼
・キャントストップ
・カーゴノワール
・ストロッツィ
・バン!
・銀河帝国の興隆
・バケツ消防士
・アルゴ
・アーサー王
・近衛銃士隊
・キャッシュ&ガンズ


☆第1戦「ブルゴーニュ」10:20-13:15

ブルゴーニュ

個人ボード
急遽変更になった開始時刻に対応してくれたhataさん、ナスさん、chagaさんと僕の4人でフェルドの「ブルゴーニュ」です。

「あー、知ってる知ってる!ぶどう酒作るゲームだっけ?」

ぶどう酒なんか出てこないし…。ぶどうの「ぶ」の字も、あ、いえ、「ぶ」の字しかあってないし!
貴族になって自分の領土を発展させていくゲームでした。

このゲームはやたらとちっこいヘックスタイルの数が多いのが特徴です。アレアブランドなので、薄っぺらいタイルなのですが、色毎にわけて裏返しにしなくちゃいけないし、収納や準備などに時間がかかってしまうのが難点。こういう細かいコンポーネントが多いゲームこそ、パッケージングも含めて工夫が欲しいところです。スモールワールドあたりを見習って欲しいな。

でもゲームは面白かったです。各自ダイスを2個使ってアクションしていくのですが、ダイスを使うからと言って運まかせのみのゲームではありません。ドイツゲームはダイスが嫌われる傾向でしたが、最近は妙にダイスゲームが多いような…。しかも使い方が変わっているのが多いので面白いですね。

ちなみにダイスを振るのにブラフのカップを使用しました。あらかじめダイスを振っておいて自分だけ覗けば、ダウンタイムの間に次の手を考えることが出来るので、ゲーム進行も早くなりそうです。とは言え今回は初ゲーム&初インストだったので、それなりに時間がかかってしまいましたが…。

ボードに並べられたヘックスタイルを持ってきて、自分のボードに配置していくゲームです。タイルの種類がたくさんあって、それぞれ効果があるのでちょっと覚えるのが大変。ただそのフォローとして、個人ボードの左側にアイコンで説明がかかれています。この個人ボードはリバーシブルになってまして、プレイ人数よりも枚数が多く入っています。4枚は片面が1のボード、そして裏が2-5のボードとなっています。他に2枚あってそれは表裏がそれぞれ、6-7、8-9となっています。今回は全員1のボードで遊びましたが、2-9のボードをランダムで配って遊ぶとまた違った展開になって面白そうです。

個人ボード中央に置いた200点マーカーがちょっと誇らしげ。これでもかっていうくらいに景気よく得点が入るゲームなので、うまくやれば200点を超えるのです。このマーカーはその200点超えの証!

1位 226点 dj
2位 194点 hata
3位 188点 ナス
4位 160点 chaga


☆第2戦「ルッカチッタ」13:30-14:10

無理無理参加してたchagaさんが、また戻ってくると言い残して退席。そのかわり、カンドリ君とluckさんが到着して5人となりました。もう少ししたらrinrinさんも到着予定なので、それまでの間軽くカードゲームを。hataさん持ち込みの「ルッカチッタ」です。

ルッカチッタ
場に並んだ組になったカードを取得して、自分の場に並べて建設。同色のカードが3枚並んだらその建物は完成(5人ゲームの場合)し、完成建物エリアへ移動して得点。以降のターンに完成披露パーティーエリアへ移動することでさらに得点。

流れを簡単に書くとこんな感じです。問題はパーティーエリアへの移動。これ、タイミングが超重要。でも、手番ではカード取得前にやらなくてはいけないことになってます。で、忘れるんですよね〜。2回も忘れました。おかげで得点チャンスをみすみす棒に振り…。

結局、カンドリ君と同点トップだったものの、建物カードの番号で負け。

1位 48点(91) カンドリ
2位 48点(82) dj
3位 46点 hata
4位 35点 ナス
5位 28点 luck


☆第3戦「究極の人狼」14:20-16:30

rinrinさんが到着して6人となったので、前回遊べなかった「究極の人狼」をプレイすることになりました。

究極の人狼
やまほどキャラカードが入っているので、その中から割とスタンダードな感じでセレクト。人数が少ないので、人狼側は1人だけ。ただし、妖術師も兼ねる、というルール。

ほぼ全員初体験となる人狼、まずは1戦目がスタート。みんな初めてなせいか、何をどうしていいものやらって感じ。うまく仕切れる人もいません。システムに乗っかっていれば勝手にゲームが進行していくボードゲームとは違って、人狼はカードこそ使いますがほぼトークゲームです。割と長時間の話し合いもなかなか収集がつかず、そうこうしてる内に人狼の勝利。

第1戦
○ 人狼兼妖術師 rinrin
× 予言者 luck
× 村人 ナス
× 村人 dj
× 村人 カンドリ
(司会 hata)


それを踏まえた上での第2戦。今度はなんとなく流れも掴めてきた。予言者のポジションが重要みたい。その予言者に僕がなったのですが、hataさんが人狼だと言っても誰も信じてくれないTT
昼間のリンチを回避して村人の人口減少を食い止めてきたものの、rinrinさん、ナスさんが次々に襲われ、あともう1人襲われたら負けというところで、ようやく人狼のあぶり出しに成功し、村人側の勝利。

第2戦
× 人狼兼妖術師 hata
○ 予言者 dj(1日目、2日目ともにhataを予言)
○ 村人 rinrin(1日目夜、人狼に食われる)
○ 村人 luck
○ 村人 ナス(2日目夜、人狼に食われる)
(司会 カンドリ)


2回連続の予言者。今回もギリギリで村人側の勝利。

第3戦
× 人狼兼妖術師 ナス
○ 予言者 dj
○ 村人 rinrin(1日目夜、人狼に食われる)
○ 村人 hata(2日目夜、人狼に食われる)
○ 村人 カンドリ
(司会 luck)


カンドリ君の話術に翻弄されまくった村人側が3人食われて人狼勝利。

第4戦
○ 人狼兼妖術師 カンドリ
× 予言者 hata(人狼に食われる)
× 村人 dj
× 村人 rinrin(人狼に食われる)
× 村人 luck(人狼に食われる)
(司会 ナス)


という感じで、4回連続でプレイしました。初回こそ会話に時間がかかった挙げ句に収集つかない事態となりましたが、2回目以降はだんだん手慣れてきて割とさくさく進みました。プレイ人数も少なかったですしね。


ここで、hataさんがABBさんを迎えに行くため退出。さらにカンドリ君とrinrinさんが、女子大生の合唱コンサートへナンパしにいくため退席。


☆第4戦「キャントストップ」17:00-17:40

3人になってしまったので軽くすむゲームで時間潰し。「キャントストップ」です。

キャントストップ
3カ所制覇すれば勝ちなのですが、全員2カ所で並ぶという超接戦の好ゲーム。結局僕が3カ所目を制覇し勝利。

1位 3点 dj
2位 2点 luck、ナス


時間があったのでもう1戦。今度はみんな無理をしすぎてバーストだらけ。そんな中luckさんだけが着実に登っていき勝利。

1位 3点 luck
2位 0点 ナス、dj


☆第5戦「カーゴノワール」17:45-19:35

hataさんがABBをさん連れて戻ってきたので5人になりました。
乳頭温泉でプレイしたけど、ちょっとルール間違ってて冗長な感じになってた「カーゴノワール」の再戦をすることになりました。

カーゴノワール
密輸品をあちこちから仕入れてきて、それをまとめて売ることで得点していくゲームです。密輸品は同じ物をたくさん集める、もしくは違う種類で集めると高値がつきます。

意地の張り合い
密輸品を仕入れるためにはお金が必要ですが、ライバルがいるとどんどん値がつり上がっていきます。この写真はABBさんとナスさんの意地の張り合い。最終的にはナスさんが折れてABBさんがゲット。そして結果は…

1位 95点 ABB
2位 90点 hata
3位 80点(55) dj
4位 80点(40) luck
5位 70点 ナス

意地を張り通したABBさんの勝利でした。


☆第6戦「究極の人狼」20:20-22:30

ナンパに失敗したカンドリ君とrinrinさんが戻ってきました。さらにksさんも到着して、8人となったので、再び「究極の人狼」をプレイ。

キャラ変更
今度は人狼を2人に増やすかわりに妖術師はなし。村人側には予言者に加えハンターを入れました。ハンターは、死に際に誰かを道連れにするというキャラ。
なお、これ以降司会進行役はずっとhataさんです。


またまた予言者をひきました。これで3度目。そのせいでまた信用してもらえません。特にカンドリ君が僕の言うことを全くききません。怪しいので初日にリンチしたら、よりにもよって僕のことを誤射。その夜、ナスさんが人狼に食われた時点で、村人側の人数=人狼側の人数となり、人狼側の勝利。

第5戦
○ 人狼 ABB
○ 人狼 ks
× 予言者 dj(1日目昼、ハンターの誤射により死亡)
× 狼付き ナス(1日目夜、人狼に食われる)
× ハンター カンドリ(1日目昼、リンチされ死亡)
× 村人 luck
× 村人 rinrin
(司会 hata)


続く第6戦。初日の昼に人狼のluckさんをリンチにかけたところまでは村人側が圧倒的に有利でした。しかしその夜、予言者のナスさんが人狼に食われ、2日目の昼は普段から言動の怪しいカンドリ君を誤リンチ。さらにその夜、人狼がハンターのksさんを襲い、またも僕が誤射され人狼側の勝利。
このハンターってキャラ、絶対村人に不利だと思われ…。

第6戦
○ 人狼 luck(1日目昼、リンチされ死亡)
○ 人狼 ABB
× 予言者 ナス(1日目夜、人狼に食われる)
× ハンター ks(2日目夜、人狼に食われる)
× 村人 dj(2日目夜、ハンターの誤射により死亡)
× 村人 カンドリ(2日目昼、リンチされ死亡)
× 村人 rinrin
(司会 hata)


今回も村人側が先行。初日の昼に人狼ksさんをリンチ。夜にはrinrinさんが人狼さんが食われます。2日目昼は、ハンターのluckさんをリンチにかけてしまいますが、そのluckさんがGJ。人狼のカンドリ君を仕留めて村人側勝利。初めてハンターが人狼撃ったよ!

第7戦
× 人狼 カンドリ(2日目昼、ハンターに撃たれ死亡)
× 人狼 ks(1日目昼、リンチされ死亡)
○ 予言者 ABB
○ ハンター luck(2日目昼、リンチされ死亡)
○ 村人 dj
○ 村人 rinrin(1日目夜、人狼に食われる)
○ 村人 ナス
(司会 hata)


初めて人狼になりました。初日の昼、よりにもよって村人側は予言者のluckさんをリンチにかけてしまいます。夜、人狼が襲ったのはハンターのカンドリ君。ハンター役多いなあ。誤射が多いことで有名なハンターですが、今回は人狼のksさんに珍しく的中。しかし2日目昼、村人側はまたも村人rinrinさんを誤ってリンチにかけてしまい、夜、ナスさんが食われて人狼側勝利。

第8戦
○ 人狼 ks(1日目夜、ハンターに撃たれ死亡)
○ 人狼 dj
× 予言者 luck(1日目昼、リンチされ死亡)
× ハンター カンドリ(1日目夜、人狼に食われる)
× 村人 rinrin(2日目昼、リンチされ死亡)
× 村人 ナス(2日目夜、人狼に食われる)
× 村人 ABB
(司会 hata)


初日の昼、村人側はluckさんを間違ってリンチにかけてしまいます。さらにその夜、人狼は予言者のksさんを食い、ここまでは完全に人狼側のペース。しかし、2日目の昼には人狼のABBさんをリンチにかけることに成功。夜、最早ベテランハンターのカンドリ君が人狼に食われ、またも誤射で負けるのか?と思いきや、空へ向けて撃ったため誰にも当たらず…。逃げたな!チキン!と散々罵られていましたが、撃つとしたら標的は僕だったようで、おい、また誤射かよ、撃たなくて正解。3日目の昼に人狼ナスをあぶり出し、村人側の逆転勝利。

第9戦
× 人狼 ナス(3日目昼、リンチされ死亡)
× 人狼 ABB(2日目昼、リンチされ死亡)
○ 予言者 ks(1日目夜、人狼に食われる)
○ ハンター カンドリ(2日目夜、人狼に食われる、その後空へ向けて撃つ)
○ 村人 rinrin
○ 村人 dj
○ 村人 luck(1日目昼、リンチされ死亡)
(司会 hata)


☆第7戦「ストロッツィ」23:00-24:35

ナスさんとluckさんが帰宅して6人となりました。6人で遊べるゲームということで、久しぶりに「ストロッツィ」をプレイ。メディチの方が登場率が高いので、これは本当に久しぶり。

ストロッツィ
定評のあるクニツィアの競りゲーです。競り部分はかなり簡素化されています。船を落札して3つの港のどこにつけるかっていうだけのゲームなのですが、各所で得点争いが発生してゲームを盛り上げるあたりはさすがクニツィアと言った感じ。

190点
競りゲーなのに、お金はただの得点チップでしかない、という変わったゲームです。hataさんが190金を獲得して勝利。

1位 190点 hata
2位 165点 dj
3位 145点 rinrin
4位 140点 カンドリ
5位 130点 ks
6位 130点 ABB(フィレンツェ負け)


お昼過ぎに一時退席していたchagaさんが12時間ぶりに帰ってきました!そっかあ。ブルゴーニュが終わってからもう半日経ってるのかあ。普通のゲーム会ならもう終わっててもよさそうな時間だよなあ…。

☆第8戦「究極の人狼」25:00-25:30

戻ってきたchagaさんにも人狼を体験してもらうということで、三度!なんかもう今日は人狼デーですね!

今度のキャラは、誤射が多すぎると不評なハンターを省き、ボディーガードを入れました。毎夜、誰かをガードすることが出来るという、村人にとっては嬉しいキャラ。誤射しまくるキャラとは雲泥の差。

初日の昼は様子見のためリンチ実行せず。その夜、僕が人狼に食われるものの、翌日昼、人狼カンドリ君をリンチ成功。夜にはchagaさんが食われますが、さらに翌日、もう1人の人狼ksさんをリンチにかけて村人側勝利。

第10戦
× 人狼 カンドリ(2日目昼、リンチされ死亡)
× 人狼 ks(3日目昼、リンチされ死亡)
○ 予言者 ABB
○ ボディーガード rinrin
○ 村人 dj(1日目夜、人狼に食われる)
○ 村人 chaga(2日目夜、人狼に食われる)
(司会 hata)


☆第9戦「バン!」25:30-28:05

人数が多い時のゲームと言ったら、これもやっておかなくちゃね〜ってことで「バン!」登場です。

バン!
えーと、人狼ばっかやってるって印象でしたが、この「バン!」もリピートプレイしまくり。そこで結果は割愛。(めんどくさくて記録残してない…)
大抵最初に殺されるのがABBさんだったよなーってことだけ覚えてる。


☆第10戦「銀河帝国の興隆」29:20-31:40

前のゲームが終わってから、さすがにぐったりしてきました。何だろ、この間に1ゲーム出来ちゃいそうな間は…。そろそろ解散かな?って空気が流れてるんだか流れてないんだか、よくわからない。でもみんな帰る気配がないw

そういうことなら、次はコレかな。こんなに長時間遊んでいるのに、今まではじかなかったことの方がむしろおかしいわけで、そりゃもうそろそろはじきたくなっちゃうでしょ。なるよね?普通!
半ば強制的におはじきゲーム「銀河帝国の興隆」です。
ちなみにhataさんはダウンして仮眠中。

銀河帝国の興隆
今度こそ!今度こそ序盤から戦争なんかしないで真面目にコツコツ開発やって、クワガタ作ったり当たり屋になったり、いろいろやってやるぞ!という意気込みで始めたのですが…。
母星に一番近い2つの星は両方とも茶。一番使えない色だ…。他の3色ならウェルカムなのに、なんでよりにもよって2つとも茶なの?はいはい、スルースルー、こんないらない星は一手番損しようとも華麗にスルーですよ。

個人ボード
とまあ、開始からしてそんな感じだったので、開発競争に負けてしまってボーナス得点が少ない少ない。後手後手です。

またしてもchagaさんと戦争になりそうな気配でしたが、そこは大人の僕が一歩ひいて譲ります。ABBさんは初ゲームにして、しかもかなり早めの段階でクワガタを建造するも、まだうまく使えていない様子。そして、ゲーム慣れしてるksさんが紫の嫌らしいスキルを身につけ、自陣に籠城。さあ、みんなでksさんをやっつけよう!って雰囲気だったのに、当てられ屋のksさんだけがボーナス獲得していくっていう何この不平等な感じは?

1位 35点 ks
2位 23点 dj
3位 21点(10) ABB
4位 21点(8) chaga
(hata 仮眠)

また負けた〜!次回こそは!!って、あー!30時まわってル〜。


☆第11戦「バケツ消防士」32:00-32:10

hataさん、復活。おはようございます。朝です。すっかり明るくなってます。っつーか、ラジオ体操も余裕で終わってる時間です。

そんなさわやかな目覚めには軽めのゲームを。クニツィア先生の「バケツ消防士」です。

バケツ消防士
このゲームは、自分の持ち駒というのは存在しません。カードを切ってその色の消防士を進めていきます。1人の消防士が屋上までたどり着いたらゲーム終了で、その時に残っていた手札が得点となります。つまり、プッシュして消防士を進めると得点が減ってしまうんです。また、ほとんどのマスはマイナス。手札に残っていたら逆にまずいマスばかり。だからそういう消防士はとっとと0点の圏内に入れてあげなければいけません。そんなジレンマゲームなのですが…。

早起きのhataさんが特攻していきなりゲームを終わらせてしまいました。危ない大減点カードを捨てることに成功していた僕はなんとかhataさんと並んでトップでしたが、ABBさんに至っては…。

1位 5点 hata、dj
3位 1点 ks
4位 0点 chaga
5位 -3点 ABB


☆第12戦「アルゴ」32:15-33:45

突然終了のショックでABBさんが寝込み、また4人となりました。さーて、次は何にしようかなあ。バケツがあまりにも軽すぎたので、もうちょっと頭使うやつにしてみるか。
ってことで、「アルゴ」登場。2vs2のチーム戦です。

アルゴ
自分のチームのカードが全部めくられたら負けっていうルールです。数字は規則正しく並べなくてはいけません。同じ数字は黒の方が先だっけ?表になってるカードから推察して、裏向きのカードをあけていくゲーム。ただ、間違ってしまうとそれが相手に対するヒントにもなってしまいます。
手番の始めに自分のパートナーに1枚だけ見せてあげることが出来ます。でもねえ。次に自分の番が回ってくるまでに、何を見せてもらったか忘れちゃうんだよね〜。もう朝だしね〜。

勝ち 580点 hata、dj組
負け 220点 ks、chaga組
(ABB 仮眠)

逆転勝ちだったような…。


☆第13戦「アーサー王」33:50-35:30

ABBさんは引き続きダウン中です。次はラベンスバーガーの新作「アーサー王」です。アレアブランドって言った方がいいかな。デザイナーはクラマー&キースリングの黄金コンビ。ドイツ年間エキスパートゲーム大賞をアサラで逃しちゃったコンビです。

アーサー王
なかなかシンプルにまとまったボード。円卓の騎士がモチーフになってまして、中華テーブルみたいな円卓にたくさんの騎士が着席してます。カードをプレイすることによって、騎士たちがあちこち動きまくり、中華テーブルもぐるぐる回りまくって、派手に得点していくゲーム。

初心者用と上級者用のルールがありましたが、当然上級者用でプレイ。上級者用だと一度に2手番出来ます。さらにカードの種類が増えまして、これがまたおかしなノルマカード。よっぽどうまいタイミングで使わないと、すんごいマイナスになっちゃうよ〜ってのばかりです。

僕はそのいやらしいカードを早めに処理していくことから始めました。なので、得点は増えず、むしろ逆回り。先行してる人たちに一周されちゃいそうな勢いでマイナスを積み上げます。ただ、そこからは高得点を連発して一気に巻き返します。結果、圧勝でした。好きなおかずは最後にとっておいて、嫌いなのから食べていく作戦!

1位 140点 dj
2位 93点 ks
3位 15点 hata
4位 0点 chaga
(ABB 仮眠)

面白いことは面白いんですが、ボードの状況がめまぐるしく変わってしまうため、手番が来てからじゃないと考えることが出来ません。よってみんなして長考気味になってしまうため、ダウンタイムが長くなってしまうのが欠点。
chagaさんなんか途中から諦めて、0点で終わることを目標にしてましたからね!そして見事達成!ガッツポーズ!!


☆第14戦「近衛銃士隊」36:30-40:30

微妙な間があいた次のゲーム。そりゃね。36時ですから。12の倍数か。ってことは昼か?もう、おはようは時代遅れですか?そういえば、13時スタートだったのを10時スタートに早めたおかげで、既に26時間経ってるってことかあ。みんなまだ帰るつもりないのかなあ?僕としてはおはじき出来たんで、結構お腹いっぱいなんだけどな〜。

じゃあ、仕方がない。ルールがぼんやりしてるけど、絶対面白そうなゲームを出すか!イスタリの「近衛銃士隊」です。

近衛銃士隊
デュマ作「三銃士」を題材にしたゲームです。三銃士ってストーリーをちゃんと知らなかったので、このゲームのためにDVDを一本見たんですが、主人公が三銃士の中に入ってないって知った時のショックったら…。

ま、つまり三銃士+1人なわけです。これが近衛銃士隊チーム。そしてもう1人が悪役ミレディを担当します。1vs4の5人専用ゲーム!(一応他の人数にも対応したルールもありますけどね)

主人公のダルタニャンにはchagaさん、三銃士のリーダー格でなんと悪役ミレディの元夫アトスにABBさん、なんだかんだと使い勝手がよくてこのゲームの中じゃ最強なんじゃないの?っていうアラミス役にksさん、そしてカレー大好きキレンジャー的立ち位置で体力だけはありますよっていうポルトスが僕、三銃士の邪魔をしまくる悪女ミレディにはhataさんという配役です。

えらく時間がかかってしまったのは、マニュアルの出来がこれでもかってくらいにわかりにくいから。何で準備のページが後ろの方にあるんだよ。項目がうまく整理されていないっていう印象。あっちみてこっちみて、んー?みたいな…。
しかも、銃士隊チームとミレディではやることが全く違うんです。2ゲーム分の操作を覚えなくちゃって感じ。銃士隊の動かし方は事前にマニュアルを読んでぼんやりながらわかっていましたが、ミレディ側に至ってはちんぷんかんぷん。だからまずはその解読からのスタートでした。

ま、なんとか遊び方はわかったようなわかってないような感じだけど、とりあえず始めてみよー。ってことで、ミレディが出してきた最初のイベントからきっつー!何これ、マゾゲー?っつーか、ミレディ性格悪すぎない?

あ、ちなみにゲームの目的はですね。フランス王妃が夫、つまり王様からもらった首飾りをイギリスの侯爵(不倫相手)にあげちゃったんですね。で、ダンスパーティーやるからこの間あげた首飾りつけてよって王様から言われた王妃が、やっべー!ってなって、イギリスまでお使いにいかされるのが三銃士です。首飾りをダンスパーティーまでに持ち帰ることが出来れば銃士隊の勝ちとなります。それ以外の条件、つまりダンパに間に合わなくてタイムアップとか、不倫してる王妃の評判が落ちまくったりとか、chagaさんの恋人(これも夫がいるんで不倫ですけど)が殺されちゃったりするとミレディの勝利となります。ん?これ、銃士隊は正義の味方なのか?むしろミレディの方が…って気がしないでもない。

王室のスキャンダルを暴く正義の味方ミレディが出してきたイベントは、時間進行が早くなっちゃうやつとか、王妃の評判がぐんぐん落ちていくやつとかばっか。そのイベントの解決にリソースを使いまくってるおかげで、全然イギリスまでのぱしりが出来ません。

しかし、銃士隊もだんだんコツが掴めてきた。ミレディイベントのちょっとした隙をついて、一気にイギリスへ使いっぱ魂全開!

紆余曲折、ほんといろいろあって見事、首飾りを王妃まで届けることに成功し銃士隊側の勝利となりました。王妃様。不倫するならばれないようにやってください。っつーか、夫からの贈り物をなんで不倫相手にあげちゃうのかイミフ過ぎ。

○ chaga(ダルタニャン)
○ ABB(アトス)
○ ks(アラミス)
○ dj(ポルトス)
× hata(ミレディ)

ミレディはいろいろ苦労しそうです。その分楽しいかも知れないけれど。銃士隊はいわゆる協力ゲームです。キャメロットを覆う影とはまたちょっと違った感じで楽しめます。面白い!めっちゃ面白い!でもマニュアルが…。


☆第15戦「キャッシュ&ガンズ」42:00-42:25

えーと、よんじゅうにじ、42時ですか。ここまで来るともう42分から42分25秒にしか見えませんよね。さて今度こそ本当にラストゲームです。「キャッシュ&ガンズ」でバンバン撃ちまくろう!

キャッシュ&ガンズ
…あっという間に撃ち殺されました。

勝ち ABB(秘密捜査官)
負け ks、chaga
死亡 hata、dj


秘密捜査官のABBさんが潜入捜査にまんまと成功し大勝利!



解散43時。えーと、いわゆる夜の7時です。10時スタートで19時終わりって言ったら普通のゲーム会っぽいけど、実際は+24時間ってところがミソですね。長かった。本当に長かった。そしてお疲れ様でした。

次回は明日、定例会です。
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :