| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 2011/05/24 アルハンブラデー | TOP | 6月ゲーム会 >>

2011/05/28 dj宅ゲーム会

2011.05.30 08:23 Monday | ゲーム会

5月もまもなく終わり、今月最後の自宅ゲーム会です。GW以降、たくさん遊んだなあ。とりあえず今回で一段落。と言っても、来週また定例会がありますが…。

今回の参加メンバーは、hataさん、ksさん、luckさん、ナスさん、rinrinさん、そしてdjの6人です。rinrinさんは長期出張が終わってすぐに駆けつけてくれました。

あ、あとお試しで実際にかかったプレイ時間をゲーム名の後ろに書いておきました。準備やインストの時間が含まれている場合もあるので、あくまでも目安です。

ゲームリスト
・スコットランドの領主たち
・メトロポリィス
・ストラスブール
・ハチエンダ
・エルフェンランド
・バン!
・マニラ
・モンテ・クリスト伯の秘密
☆第1戦「スコットランドの領主たち」13:15-14:20

13時開始予定でしたが、ちょっと早めにhataさんが到着。でも、ご飯食べたり談笑してたので結局開始時刻は13時ちょっとすぎでした。

Z-MANのカードゲーム「スコットランドの領主たち」です。

スコットランドの領主たち
手番で出来ることは2つ、カードを自分の前にプレイするか、もしくは補充するか。5巡やってプレイしたカードを比べて合計値が大きければ勝ち、みたいな単純ルールです。同じスートのみプレイすればパワーが倍になるとか、獲得できる得点が毎回変わる、とか、諸々細かいルールがありますが、その中でも一番重要なのが、特殊能力。スートによって異なりますが、結構強力なのもあって、対訳をながめつつのプレイとなりました。この特殊能力、ちょっとわかりにくい訳のせいか、解釈が難しいところもあって、折角スマートなルールがスポイルされている感じ。こういうゲームの胆になる部分は、特に丁寧に、訳注なども加えてわかりやすく書いて欲しいと思います。

マニュアルの出来の悪さもあって微妙な評価でしたが、ゲーム自体は悪くないと思います。自分で慣れてうまくインストしてあげれば評価もかわってきそう。

2ラウンド連続無得点、3ラウンド目にようやく1点ゲットっていう超スロースタートがたたって、ぶっちぎりのビリでした!

1位 48点 ks
2位 32点 hata
3位 31点 luck
4位 15点 dj


☆第2戦「メトロポリィス」14:35-15:15

次はイスタリの軽めのボードゲーム「メトロポリィス」です。

メトロポリィス
初心者用、上級者用の2つのルールが用意されていますが、とりあえず初心者用のルールでお試しプレイ。ボード上にビルを建てていくゲームです。すぐに覚えられる簡単なルールで好感が持てます。ボード上にどんどんビルが建っていって見た目にも楽しいですね。この手のゲームはいろいろありますが、有名どころだとマンハッタンかな?あちらはプラスチック駒ですが、メトロポリィスは木製なのでこちらの方がずっといい感じ。ゲーム内容は全然違いますけど。

終盤に備えて価値の高いビルを残しておいたら、勝負どころをいろいろ間違えて逆転劇を起こす前に終了。連続ビリゲット。っつーか、第1戦と全く同じ順位だ。
プレイ時間も短いし、結構いいゲームでした。

1位 38点 ks
2位 30点 hata
3位 27点 luck
4位 21点 dj


☆第3戦「ストラスブール」15:30-17:05

メトロポリィスを上級用ルールでもう1戦する予定でしたが、ナスさんが到着して5人になったのでゲーム変更。フェルドの新作「ストラスブール」をプレイすることになりました。

ストラスブール
フェルドのゲームにしては、意外とシンプルにまとめられたルールだなっていう印象。もちろん単純すぎるということはなく、手応えのあるゲームにまとまっていて面白いです。適度に運要素もあるし、この程度のルールの量なら初心者にもお勧め出来るかも。

市議会に議員を送り込んで、金の力で影響力を獲得していく、みたいなゲームですが、競りとかパズルとかいろんな要素が混じっているゲームです。チケットトゥライドみたいな目的カードが最初に配られ、達成出来そうなカードのみ手元に残します。目的を達成出来れば得点出来ますが、未達成はマイナスポイント。もちろん誰がどんな目的カードを持っているかは非公開。そのため、競りの勝負どころがみんな違ってきます。

10点とれる目的カードを手元に残し、目的達成寸前のところまでいきましたが、計算間違えて1金足らずマイナスに…。この失敗は大きく、その後も貧乏生活がばれていじめられ涙目。結局ビリは免れたものの3戦連続4位ゲット。ksさんは3連勝と絶好調!

1位 41点 ks
2位 35点 ナス
3位 34点 luck
4位 30点 dj
5位 25点 hata


☆第4戦「ハチエンダ」17:45-19:00

次はクラマーの「ハチエンダ」です。前のゲームからちょっと時間があいてるのは、まだマニュアルを読み終わってなかったからですw

ハチエンダ
クラマーは陣取りゲームを多く作っていますが、これもその1つ。陣取りばかり作ってるくせに、どれも全く違うゲームに仕上がってるのがすごいと思います。

ボードがリバーシブルになっていて、左右対称マップ、非対称マップを選べます。今回は対照マップの方で。タイルが山ほど入ってまして、カードをプレイしながらタイルを並べていきます。複雑そうに見えたけれど、思っていたほどではありませんでした。出てくる動物が全部食材に見えてくるのは、牧場系ゲームだから当たり前かw

ちょうど正面にいたナスさんに、序盤でいじめられます。写真を見るとわかりますが、青タイルのところにちょこんと赤タイルが1枚だけ。これがめっちゃ痛かったです。右の方に陣地を広げたくても、この赤タイルのおかげで伸ばせません。仕方がないので左の方へと展開。
もっとも下の方の市場に伸ばしてしまったのがそもそもの失敗だったようで、序盤からかなりの遅れをとってしまいました。今日はこんなのばっかだw
それでも終盤は挽回して追い上げていけたので満足です。トップとの点差もそれほどついてなかったし。ナスさんはいじめ用の1手番損してるにもかかわらず、ぎりぎりでトップキープ。独走を阻止したのは、左上の方に展開していたluckさん。あまり他人と絡みのない土地でぬくってましたが、最後にナスさんの暴走をとめてくれました。
一方右の方ではksさんとhataさんが陣地争い。hataさんが置いた池でksさんがおいしく得点する、というw
ボード上、いろんなところでそんなやりとりがあって、面白いゲームでした。おー、4連続4位だ〜。

1位 102点 ナス
2位 101点 luck
3位 99点 ks
4位 95点 dj
5位 71点 hata


ここでちょっと休憩。みんなで食事にでかけました。そこで、出張から帰ってきたばかりのrinrinさんと合流。


☆第5戦「エルフェンランド」21:00-22:50

6人で遊べるゲームということで選ばれたのが「エルフェンランド」、超久しぶりの登場。あまりに久しぶりすぎて、ルール忘れてますw

エルフェンランド
とは言ってもファミリー向きのルールですからね。いろんな場所を回る旅ゲームです。20カ所全部回れれば満点ですが、なかなかそううまくはいきません。全部で4ラウンドあるので、1ラウンドに5カ所まわるのがノルマ。そんな中、1ラウンド目で8カ所回ったluckさんが1人抜け出します。
もっとも、3ラウンド目で躓いたluckさんを抜いて僕がトップにたちます。ただ、駒位置が悪い…。最終ラウンドはみんながお邪魔タイルを使いまくるので、思ったようには動けなくなります。案の定、砂漠から抜け出すのに大量のカードを消費してしまい、luckさんに逆転されちゃいました。
長旅疲れのrinrinさんは、ゲームの旅でも疲れていたようで…。

1位 17点 luck
2位 16点 dj、ナス
4位 15点 hata、ks
6位 11点 rinrin


☆第6戦「バン!」23:15-24:00

勝って気分をよくしたluckさんが帰宅し5人となりました。先月の定例会ではマックスの7人で遊んだ「バン!」を5人でプレイすることに。

バン!
正体隠蔽チーム戦の西部劇ゲーム。シェリフだけは正体がばれてます。シェリフ側には、補佐官であるデピュティが1人います。シェリフの命を狙っているのはアウトロー。アウトローは同士は仲間というわけではないようですが、目的は同じです。変わり種はレネゲイド。裏切り者です。自分1人生き残れば勝ち、という一番厳しい勝利条件。

7人で遊んだ時はシェリフ側が圧倒的に強く、6人くらいがバランスいいのかな?なんて話をしてました。今回は5人なので、やはりシェリフ側が強いんだろうか、という予想…。

序盤は誰が仲間なのかわからないので、みんな様子見しつつ小競り合い。そんな中、1人ガトリングを乱射する荒くれ者のhataさんがあらわれ、シェリフのナスさんに着弾。
その後もhataさんはインディアンを呼んで暴れまくり、まともシェリフにダメージ。あまりに危険人物すぎるので投獄されます。ついでに僕も投獄。牢屋に入れられちゃうと、手番で脱獄判定を行います。1/4の確率で脱獄出来ますが、失敗したら何も出来ずに手番終了。これは結構痛いです。

ゲームが進むにつれて、だんだんみんなの正体がばれてきます。でも、何かおかしい。シェリフの味方をしている人が誰もいないw
レネゲイドだったksさんはちょっと勘違いしていたようで、アウトローと一緒にシェリフを攻撃。シェリフが死んだ時点でアウトローの勝ちとなってしまうので、まずはシェリフ側についてアウトローを排除しなければいけなかったんですね。
積極的にシェリフを攻撃するのは、僕とrinrinさん。もちろん2人ともアウトロー。ってことは、シェリフの味方はhataさん?え?ガトリング乱射したりインディアン呼んで乱闘して、シェリフにダメージくらわせてたhataさん?w

勝ち rinrin(アウトロー)、dj(アウトロー)
負け ナス(シェリフ)、hata(デピュティ)、ks(レネゲイド)

攻撃力があって荒くれシェリフだったのに、仲間から守ってもらえないナスさんがかわいそすぎるゲームでしたw


☆第7戦「マニラ」24:10-25:25

続いてはzochの「マニラ」です。zoch製だけにやたらとコンポーネントの質がいいゲームですが、写真撮り忘れw

船を3つ出して、どの船が目的地までたどり着けるか、船に乗り込んでもいいし、到着予想してもいいし、みたいなギャンブルゲームです。
シェリフで痛い思いをしたナスさんがご乱心。毎回海賊を選択して、船を乗っ取ろうとします。1回だけ成功しましたが…。

1位 98点 ks
2位 93点 dj
3位 82点 hata
4位 70点 rinrin
5位 -1点 ナス

今日は本当にksさんが強い日だな〜。
ここで、ksさんとナスさんが帰宅。


☆第6戦「モンテ・クリスト伯の秘密」25:35-27:00

3人になって、最後にもう1ゲーム。新作「モンテ・クリスト伯の秘密」です。
有名な巌窟王の物語、の後日談がゲームの舞台。モンテ・クリスト伯が牢獄に隠した財宝を、探検家になっておいしく持ち帰っちゃおうというゲームです。

モンテ・クリスト伯の秘密
このゲームの特徴は何と言ってもアクションスライドというガラス玉を使ったシステム。一番の特徴なのに、写真にちょこっとしか写ってませんw(右上)
一番下にある色のガラス玉の持ち主が手番となります。アクションは4つあって列であらわされていまして、自分の手番が終わったらそのガラス玉を別の列の上に置きます。ところが、このガラス玉をいじっちゃうアクションなんかもあって、いつ自分の手番が来るのかめっちゃ読みにくい。下手したらずっと俺のターン、みたいな時もありますが、しばらく待ちぼうけってことも…。

この手番システムには運要素がないため、先読みしようと思えば出来るのかも知れませんが、単純なシステムな割にはとっても読みにくく、というか、最初っから無理だって諦めてましたw

巡り合わせがよかったんでしょう。たまたま自分の手番が来た時に、高い相場の宝石をうっぱらうことが出来まして楽勝ムード。ところが勝利条件間近というところで手番が来なくなり、追いつかれそうになって冷や冷や…。でも結局そのまま逃げ切ることが出来て今日初勝利。
今回は3人でしたが、4人で遊んだらもっとカオスかも。また遊んでみなくちゃ。

1位 54点 dj
2位 42点 rinrin
3位 31点 hata


ということで、今日は解散。最近の新作ゲーム、面白いのが多いなあ。どれもこれも再戦してみたいものばかりです。
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :