| ABOUT ABC | CONTACT |
<< 2010/04/25 Cities Online | TOP | ボドゲどうが 第1回「チャオチャオ」 >>

2010/04/27 dj宅ゲーム会

2010.10.30 02:03 Saturday | ゲーム会

※このエントリーはサーバートラブルで消失したものを、手元の下書き原稿を元に復活させたものです。

仕事終わりの水性さんとmasakiさんが来てくれて、夜中の12時くらいから3人でゲーム会スタートw

今回遊んだゲーム
・郵便馬車
・ノートルダム
・アグリコラ
・ニューヨークチェイス
☆第1戦「郵便馬車」

最初のゲームは2006年のドイツ年間ゲーム大賞受賞作の「郵便馬車」
全員が初プレイです。

郵便馬車
まず見た目。ボードやカードの絵がとても美しくいい雰囲気です。ちょっと古い時代のバイエルン地方を中心としたマップが描かれていて、そこに郵便網を作るのがゲームの目的。

郵便網
各都市には木駒の郵便局が建っていきますが、陣取り争いの要素はなくとっても平和的。いろんな色の駒が仲良く並びます。さすがファミリーゲーム。

カード
カードをプレイすることによって郵便網を作っていきます。カードの並び順に制限はあるものの、あまり厳しくはないのでジレンマは感じません。また毎ターン1枚はプレイしなければいけませんが、どんどん手札を増やしていけるのでたんまり溜め込む作戦が有効っぽい。(手札制限がありました)相手の邪魔をするには、場に出ているカードを流してしまうのが有効か、と思いきや、ちょっと待てば捨て札がシャッフルされて山札となりまた出現してしまうので、相手が欲しがっているカードは手札に貯め込んでしまう方が有効みたいです。

さて、序盤からカード貯め込み作戦に出た水性さんと、とっとと郵便網を作ってこつこつ得点していく作戦に出たmasakiさん。僕も早めに得点していくことにしましたが、地域制覇によるボーナスは後からもらった方が得点が高い(逆です。先にもらった方が高くなります)ので、ボーナスが出ない程度に郵便網を作っていきました。

が、やっぱりカードを溜め込んで後から追い上げる作戦の方がずーっと有効だったようで、水性さんの圧勝。最後の方で郵便網を完成させるタイミングを1手番間違ったおかげで、ボーナス得点が少なくなってしまった僕はビリでしたTT

1位 24点 水性
2位 16点 masaki
3位 14点 dj

全体的に軽いプレイ感、ルールも簡単、絵も綺麗と言うことで穏やか〜な雰囲気になるゲームかと。ただ、緊張感やジレンマが足りずちょっと物足りない印象も否めないかな〜。

※追記
以前のエントリーのコメント欄でルールの間違えを指摘していただきました。(そのコメントもエントリーごと消えちゃいましたが…)間違えてた箇所は2つ。手札の制限があることと、地域制覇ボーナスについて。ゲームの胆となるところのルールを2つも間違えて遊んでしまったので、ゲームに対する印象がかなり悪くなってます。正しいルールで遊んだ時は、とってもいいゲームでした。ファミリーゲームっぽいぬるさは健在ですけどね。さすがドイツ年間ゲーム大賞受賞作。


☆第2戦「ノートルダム」

次はフェルトの傑作、「ノートルダム」masakiさんは初プレイ。
3人で遊ぶのが最適、って言われてます。確かに、手札交換のシステムが3人ゲーム向きですよね。あ、そういえば写真撮るの忘れましたTT
プレイ人数によってボードの組み合わせが変わるっていう、面白ゲームです。久しぶりのプレイだったのでルール忘れがち…。ちゃんとしたサマリー作っておかないと遊びにくいぞ…>自分

このゲームで一番印象に残るのはやっぱり「ネズミ」でしょう。ゲームには毎ターンお助けキャラが3人登場するのですが、こいつら、何故か街にネズミを連れてきます。おかげで街はネズミだらけとなりとっても不衛生。そしてネズミゲージが10を越えると大打撃となります。
そんなネズミパニックに陥ったのが舞浜ボードの水性さん。街はミッキーで溢れ、それまでトップ目だったにも関わらず、一気に脱落…。遅れをとっていた僕はその期に逆転しトップを狙いますが、masakiさんとまさかの同点。結局、残った資金により判定負け…。
初プレイにして立派な勝ちっぷり。今日のmasakiさんはいつもと違うぞ!!

1位 32(4)点 masaki
2位 32(3)点 dj
3位 26点 水性


☆第3戦「アグリコラ」

お馴染みの農場ゲーム「アグリコラ」
masakiさんは初プレイ、水性さんはもう何度もプレイしてる、と思いきや、実は二回目。このゲーム、ルールの読解が非常に難しく一度は挫折し、二度目にしてようやくプレイ出来たという思い出があるのですが、水性さんはその時以来のプレイだったそうです。

アグリコラ
今回初めてカードのドラフトルールを採用してみました。職業と小さな進歩のカードをそれぞれ一枚ずつとったら、左隣の人にまわすってことを繰り返すルールです。ちょっと余計に時間はかかっちゃうけど、カード運に左右されることが少なくなるのでいいルールかも知れませんね。
で、その中に「道」云々ってカードが出てきたんですよ。アグリコラで「道」なんて初めて見た。結局、みんなにスルーされて最終的にmasakiさんのカードとなりますが、案の定使い方がわからず最後まで放置w
んー、未だにナゾの多いゲームです、コレ。

さて、初プレイの人と二回目のプレイの人が相手なら楽勝じゃん!って思っちゃったので、いつもと違った作戦をとることにしました。なんだかんだ言ってこのゲームで重要になるのは「木」だと思うんです。でも敢えて「木」をスルーし、畑メインで行ってみようかな、と。
そしたら、masakiさんが木を独占。スタートプレイヤーの権利も持っているので有利に進めます。僕は相変わらず食料事情が悪く停滞気味。木が欲しくてもとれない水性さんはさらに最悪の展開。

ゲーム終了
これ、終了時のボードです。
人を増やして手番を多くし、カードなどの得点で健闘したものの、妙にきっちり計画通りに整備されたmasakiさんには及ばず2位止まりでした。うわ、本当に初プレイなんですか?

masakiさんの個人ボード
これがmasakiさんの個人ボード。家、柵、畑ときっちり並んでる!

1位 35点 masaki
2位 32点 dj
3位 17点 水性


☆第4戦「ニューヨークチェイス」

今日ここまで3戦して。2勝2位1回と絶好調のmasakiさん。そっか、今日はmasakiさんの日だったのか。だったら、このゲームに挑戦してもらいましょうか…。

と言って取り出したのが「ニューヨークチェイス」
あの「スコットランドヤード」の第2弾。前作よりもX役にとってきついルールばかりが追加されたマゾゲーです。
実は、去年の夏に同じメンバーでスコットランドヤードをプレイしています。その時の様子はこちら(最後のゲームです)。X役だったmasakiさんはボードの1/4だけあればゲームが成立してしまうほど身動きがとれず、あっけなく捕まってしまったのでした。でも今日のmasakiさんは違う!オーラが出てる!そんな彼がMr.Xならあるいは…。

ニューヨークチェイス
ってことでゲームが開始したわけですが、最初っからボードの半分をガン見するmasakiさんw
あー、もうこっち半分はいないのかw
そして第3ターン、案の定の場所に出現するmasakiさん。やっぱりね。読み通りだね。
ダブルムーブ&ブラックチケットで逃走をはかるものの、港をおさえられた上に包囲網は狭まるばかり。

逮捕現場
やはりと言うか何と言うか、ボードの1/8くらいあればゲームが成立してしまうほどのビビリっぷり。船はおろか、バスにすら乗れず、ただうろちょろと裏路地を行ったり来たりしている間に第8ターンで御用となりました。2列目にすらいけなかったよw

勝ち 刑事 水性、dj
負け Mr.X masaki


そんなわけで、いろんな意味でmasakiさんの日でした。お疲れさま!
author : dj | comments (0) | trackbacks (0)

Comment

Comment Form









 

Trackback

Trackback URL :